ジョンエスアームストロング

201806月<< 07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>201808月

正派邦楽会京都地区第34回筝曲演奏会
 7月16日は、友人が参加する演奏会(京都府立文化芸術会館)へ。

序曲 正派頌歌
正派頌歌
追い弾き八千代獅子
岸辺の景色はセピア色
二種の三弦の為のソナタ
絃のしらべ
よさこいスケルツォ
春重ね

魁
月の精霊
月に寄する三章
雪の花
ながらの春
湧き出づる力
秋の言の葉
薫風
比良
黒田節による幻想曲
三曲第二番
三曲第二番
芸術観賞 | comments(0) | - | pookmark
色づかいで配慮すべきこと
 最近、エクセルのアプリケーションを作っている途中で気がついて、修正した処理があります。
 警告や注意など、情報の重要度を安易に色の違いで示さない(または、それに頼らない)ようにしたのです。
 悲惨な豪雨についてのTVニュースの画面を見ていて、同様のことを考えさせられました。
 下はその一場面を私がスマホで撮ったものです。
 一般的な色覚の方は、強い雨が降っている地域、激しい雨が降っている地域、非常に激しい雨が降っている地域がこのように見えます(中国・四国地方と九州北部の図です)。
Common
 ところが、長波長感受性(赤方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Protanope
 中波長感受性(緑方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Deuteranope
 短波長感受性(青方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Tritanope
 男性の20人に1人というかなり多くの方の色覚が、他の方と異なるということを忘れないようにしたいと思います。
 このNHKのニュースでも、色を説明には使わず、地域帯を手などで示す配慮がされていたようです。
コラム | comments(0) | - | pookmark
メールでの気遣い
 俵万智の歌集「オレがマリオ」から
「返信はお気遣いなく」と書きしゆえ気遣いされず来ない返信
加茂(HT系バラ)
 私はOB会の幹事をしているのですが、新しく入会された方の入会届にメールアドレスが書かれていた場合、(手書きゆえに判読しにくいこともあり)全てに次のようなメールを出しています。
〇〇様
 〇〇会へのご入会、ありがとうございます。
 このメールは、登録したメールアドレスに誤りがないことの確認のためにお送りしています。
 送信できなかったときはわかりますので、特にお返事をいただかなくてもいいのですが、今後ともよろしくお願いいたします。
                   ○○会・名簿関連担当幹事:○○

 お返事をもらうことで確認しようとしているのではありませんので、お手数をかけないでくださいね、という意味の気遣いに対して、ほんの僅かな方からのお気遣いの返信で癒されています。
 また、会員がお亡くなりになったときは、担当の連絡委員が分担して会員に訃報を発信するのですが、私が担当する連絡先は、メールが可能な方55名、メールアドレスはないけれどFAXを受け取れる方9名、電話のみ可能が6名となっています。
 メールはBCCによる同報通信をしていますが、そのうちの数名の方は、いつも返事をくださいます。
 その方へは必ず返事を差し上げているのですが、たとえ事務的な内容に過ぎないようでも、連絡委員の手間を理解できる気遣いのある方がおられるのはほっとします。
雑談 | comments(0) | - | pookmark
紫陽花と「数置5」
京都府立植物園の紫陽花で「伊豆の華」という園芸種です。

 北杜夫の著作は好きなのですが「夜と霧の隅で」や「楡家の人々」は読んだことがなかったのです。
 ドクトルマンボウや昆虫のことなど、北のユーモアが好きで、純文学的なものは抱いていた北の人物感に悪影響(?)があると思っていたのかも。
 ハードカバーと厚さが敬遠していた原因だったのでしょうが、先日、図書館で文庫本の「楡家の人々」を借りました。
 途中で読む気がなくなった時の用心に、第3部まである中の「第1部」だけにして(こんなことにも気が小さい)。
 ページ数の多いのは歳のせいもあって辛抱がききませんが、やはり北一流のユーモアがあり、直ぐに読み終えました。
 昨日は、これを含めて返却する本全てをリュックに詰め、近くの小学校で滋賀県知事選挙の投票を終えた後、図書館へ。
 いつもと違い、図書館に出入りする人が多いのにびっくりしました。
 入口の「投票所は3階」という立て札を見て納得。
 さて、「楡家の人々」を置いてあった書架を思い出せず、少しうろうろしましたが、文庫本は文庫本で著者別に並んでいることに気が付き、第2部と第3部を借りることができました。
 投票のついでに館内の書架を眺めている人が多いようでした。
 学生が2人、大きな声で携帯アプリのことを話しておりました。

「数置(5)」です。
 下の問題図をクリックしていただいたら、回答用紙が表示されますので、印刷してお使いください。
数置5
植物 | comments(0) | - | pookmark
初夏の平野神社
 漆工芸教室の作品展からの帰りに、その近くの平野神社に寄りました。

桜が咲く時季の賑やかな記憶しかなかったので、普段の静かな様子を見ることができました。


 拝殿
(奥は本殿)
  です

本殿の第一殿(右)と第二殿(左)の屋根です。
御神木「樟」という立て札に、樹齢は400年ほどと書いてありました。
 写真を撮ろうとしたら、自転車でやってきた二人連れが(もう一人は男性で、左の陰)撮り終わるまで横に居てくれました。

 久しぶりに難問を作りました。「数置(4)」です。
 下の問題図をクリックしていただいたら、回答用紙が表示されますので、印刷してお使いください。
数置17
散策 | comments(4) | - | pookmark
漆工芸教室さとう第12回作品展
虫めづる友人Yの作品を拝見しに行きました。

蒔絵手箱
浅葱斑


(部分)



内側


蓋の裏側



「いもむし」
  豆皿
クロメ
 ンガタ
  スズメ

「いもむし」
  豆皿
 キアゲハ

アクセサリー
ミノムシ
キアゲハ
ナミアゲハ
クロアゲハ

八角皿









重箱修理
虫がいないので、これはYのではないと思い込んでいた
芸術観賞 | comments(2) | - | pookmark
漆工芸教室作品展のご案内
「蒼遊舎展」 でおなじみの、友人Yが参加している作品展です。
期 間
2018年6月2日(土)〜6月8日(金)
  10時〜18時
場 所
佐藤喜代松商店2Fギャラリースペース
  京福電鉄嵐山線「北野白梅町」駅から徒歩約10分
展 示
塗り・蒔絵・螺鈿・金継・木彫などの作品
体 験
今回も、漆塗りの体験ができるとのことです。
予約が必要で、蒔絵・拭き漆は2000円、金継は5000円です(修理する陶磁器をご持参)。
芸術観賞 | comments(0) | - | pookmark
箏の会(後半)
後半の最初は、昨年に師範に登第された方のご披露です。
あ。後半って、私が勝手に分けただけです。(^^;)
以下は 曲名 をクリックしていただくと演奏をお聴きいただけます。
(一部、子どもの声や会話などが入り、お聞き苦しいところがあることをお詫びします)








9. 春の夜







10. 暁の歌
















11. かさじぞう

12. 水の蓮








14. ままの川
















15. 二つの舞曲
芸術観賞 | comments(2) | - | pookmark
箏の会(前半)
 5月20日。特に名を秘す(笑)私たちのグループは、京都市東部文化会館に集合して、友人が出演する演奏会を鑑賞しました。
以下で、2 以外は 曲名 をクリックしていただくと演奏をお聴きいただけます。
(一部、子どもの声や会話などが入り、お聞き苦しいところがあることをお詫びします)
一人ずつ掲載しております写真は、撮影時に付けられた番号順です。


2.小曲集より

ちょうちょ
チュ−リップ


さくらさくら


星に願いを
さんぽ





ごめんなさい。上の写真には右端の木魚が入ってない。(^^;)

7. 絃緒

後半は準備でき次第(あたりまえ)掲載します。(^^;)
芸術観賞 | comments(2) | - | pookmark
久しぶりの名古屋駅周辺
 名古屋駅の近くで待ち合わせをして、50年近く合わなかった二人に会いました。

 先ずは、名古屋城のそばの「金シャチ横丁」でミソカツを食べます。
 量が多いかもと思っていましたが、予想通りでした。朝食を控えめにしていたので、完食できました。
名古屋城は工事中なので、本丸御殿にだけ入りました。
 待ち合わせ場所は、近鉄の中央口付近ということだったのですが、私が名古屋へ行くときは、まっすぐ名駅を目指して歩くだけだったので、うまく会えるかどうか不安でした。
それというのも、私は人もうらやむ(?)方向音痴なので。
襖絵は、狩野派の絵師が描いた絵を忠実に復元したそうです。
 天守は工事中で入れません。
 この方向からでは見えませんが、批判があって設置したらしいエレベーター塔がありました。
名古屋城を出て、少し迷いながらノリタケスクエアにやってきました。
ほとんどが目を見張るようなお値段です。(^^;)
 眺めるもの全てが美しいのですが、これは手の届きそうな価格がつけられていました(届かないけど)。
 6本煙突のモニュメントですね。
 最近は見かけることが少ないので珍しい鯉のぼりが美しいです。
 トヨタ産業技術記念館に入りました。
 繊維機械館の中の、工場の設備みたいな前で記念写真を撮ってます。
 方向音痴のうえに機械オンチまで備えている私なのですが、ボタンで実際に動かして理解できるようになっているのが多くて親切ですね。
 これにはボタンはありませんが。
 完成した試作ボデーです。
 重量感が半端ではありません。
 最初の名古屋城では、伊賀忍者が歓待してくれました。
 私ならですが、覆面の上にサングラスでもしていないと恥ずかしいです。
 暑い日でしたが、久しぶりの名古屋を楽しみました。
(音量を上げ過ぎないようにして)トヨタ産業技術記念館の 「織機の実演(1)」「実演(2)」をご覧くださいね。
散策 | comments(0) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK