ジョンエスアームストロング

202003月<< 04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>202005月

棋戦(2020年3月22日〜4月4日)から
 前回も私はお休み。
「抹茶ラテ飲んでます。軟弱〜」ってご連絡したら、ちゃんと撮ってくれていて送ってもらいました。
 無理に参加させることになったらいけないので、撮っておいてほしいと言わなかったのです。 とても親切。(^^♪
主菓子は「花の小袖」という名前とか

 3月22日から4月4日の棋譜から。
は最終手順まで
は80手目まで
棋譜
記録日
白 番
黒 番
備 考
2020/03/23 芝野虎丸 山下敬吾 日本・本因坊戦リーグ
2020/03/24 唐嘉ウェン 於之瑩 中国・女子甲級リーグ・エキシビジョン
2020/03/26 村川大介 芝野虎丸 日本・十段戦第2局
2020/03/28 於之瑩 Luo Chu Yue 中国・女子甲級リーグエキシビジョン
2020/03/29 伊田篤史 小林覚 日本・棋聖戦Cリーグ
2020/03/29 高星 於之瑩 中国・女子甲級リーグ
2020/03/30 朴廷桓 姜東潤 韓国・棋戦名不明
2020/03/31 於之瑩 張子涵 中国・女子甲級リーグエキシビジョン
2020/04/02 於之瑩 王爽 中国・女子甲級リーグエキシビジョン
2020/04/02 張栩 村川大介 日本・名人戦リーグ
2020/04/04 芝野虎丸 横塚力 日本・本因坊戦リーグ
2020/04/04 志田達哉 許家元 日本・本因坊戦リーグ
2020/04/04 山下敬吾 羽根直樹 日本・本因坊戦リーグ
2020/04/04 一力遼 河野臨 日本・本因坊戦リーグ
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
棋戦(2020年3月8日〜3月21日)から
「ブルー バユー」1993年発表の「Floribunda系」、作出国はドイツです
ブルー  バユー

 3月8日から3月21日までの棋譜から。
は最終手順まで
は80手目まで
棋譜 記録日 白番 黒番 備考
2020/03/09 朴廷桓 卞相壹 韓国・最高棋士決定戦
2020/03/11 朴廷桓 金志錫 韓国・竜星戦
2020/03/11 王星昊 ミ廷 中国・手机杯
2020/03/12 許家元 一力遼 日本・本因坊戦リーグ
2020/03/14 楊鼎新 謝科 中国・甲級リーグ・エキシビジョン
2020/03/18 姜東潤 申真ソ 韓国・マキシムコーヒー杯
2020/03/18 楊鼎新 范蘊若 中国・手机杯
2020/03/19 井山裕太 一力遼 日本・名人戦リーグ
2020/03/19 張栩 河野臨 日本・名人戦リーグ
2020/03/19 芝野虎丸 広瀬優一 日本・棋聖戦Bリーグ
2020/03/21 范蘊若 辜梓豪 中国・手机杯プレーオフ
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
棋戦(2020年2月23日〜3月7日)から
「ビンゴ メディランド」1994年発表の「LR系」、作出国はフランスです
ビンゴ  メディランド

 2月23日から3月7日までの棋譜から。
は最終手順まで
は80手目まで
棋譜 記録日 白番 黒番 備考
2020/02/24 姜東潤 申真ソ 最高棋士決定戦リーグ
2020/02/27 一力遼 許家元 日本・名人戦リーグ
2020/02/27 河野臨 井山裕太 日本・棋聖戦第5局
2020/02/28 申真ソ 姜昇ミン 韓国・囲碁リーグ
2020/03/02 姜昇ミン 申真ソ 韓国・囲碁リーグ
2020/03/02 朴廷桓 李東勳 韓国・最高棋士決定戦第10局
2020/03/02 柯潔 王世一 中国・甲級リーグ
2020/03/03 李軒豪 黄春棋 中国・手机杯
2020/03/03 申真ソ 卞相壹 韓国・最高棋士決定戦リーグ
2020/03/03 芝野虎丸 村川大介 日本・十段戦第1局
2020/03/04 戎毅 范廷 中国・手机杯
2020/03/04 成家業 楊鼎新 中国・手机杯
2020/03/04 童夢成 辜梓豪 中国・手机杯
2020/03/07 ミ廷 連笑 中国・手机杯
2020/03/07 丁浩 柯潔 中国・手机杯
2020/03/07 井山裕太 河野臨 日本・棋聖戦第6局
2020/03/07 柯潔 中国・甲級リーグ
2020/03/07 申真ソ 安正己 韓国・囲碁リーグ
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
棋戦(2020年2月9日〜2月22日)から
「アラベスク」1972年発表の「Floribunda系」、作出国はドイツです
アラベスク

 2月9日から2月22日までの棋譜から。
は最終手順まで
は80手目まで
棋譜 記録日 白番 黒番 備考
2020/02/10 上野愛咲美 鈴木歩 日本・ドコモ杯女流棋聖戦第3局
2020/02/10 申眞ソ 朴廷桓 国際・LG杯決勝第1局
2020/02/12 朴廷桓 申真ソ 国際・LG杯決勝第2局
2020/02/12 柯潔 時越 中国・ナショナルチーム戦
2020/02/12 連笑 辜梓豪 中国・ナショナルチーム戦
2020/02/13 志田達哉 芝野虎丸 日本・本因坊戦リーグ
2020/02/14 山下敬吾 一力遼 日本・名人戦リーグ
2020/02/14 村川大介 羽根直樹 日本・名人戦リーグ
2020/02/14 許家元 張栩 日本・名人戦リーグ
2020/02/16 井山裕太 河野臨 日本・棋聖戦第4局
2020/02/16 謝科 柯潔 中国・棋戦名不明
2020/02/16 黒嘉嘉 牛栄子 日本・博多カマチ杯2回戦
2020/02/19 李志賢 申真ソ 韓国・竜星戦
2020/02/19 申真ソ 趙惠連 韓国・マキシムコーヒー杯
2020/02/20 井山裕太 村川大介 日本・名人戦リーグ
2020/02/20 於之瑩 王星昊 中国・棋戦名不明
2020/02/20 羽根直樹 許家元 日本・本因坊戦リーグ
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
棋戦(2020年1月3日〜1月11日)から
「アホイ」1964年発表の「Floribunda系」、作出国はドイツです

 1月3日から1月11日の棋譜から。
は最終手順まで
は80手目まで
棋譜 記録日 白番 黒番 備考
2020/01/05 朴廷桓 崔精 韓国・囲碁リーグ
2020/01/08 ミ廷 陳耀 中国・天元戦16強戦
2020/01/08 范廷 柁嘉熹 中国・天元戦16強戦
2020/01/10 河野臨 井山裕太 日本・棋聖戦第1局
2020/01/11 一力遼 志田達哉 日本・本因坊戦リーグ
2020/01/11 楊鼎新 時越 中国・天元戦8強戦
2020/01/11 申真ソ 姜東潤 韓国・囲碁リーグ
2020/01/11 范廷 范蘊若 中国・天元戦8強戦
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
幽玄の間へのお願いの結果
 幽玄の間は、本因坊位を持っている棋士が本因坊挑戦手合いを打っているときか、本因坊位を5期所有した者(永世本因坊と称している)の棋戦については、対局者名を、本因坊○○と表記しています。
 以前にも一度、普通に名前を書いていただきたいとお願いしたことがありますが「できません」という返事でした。
 かなり時が経ちましたので、もう一度押してみたら、嬉しそうに「本因坊○○」と表記するのはやめるかもしれないと思い、先日、幽玄の間のサポート担当者に、次のようにお願いしました。
 いつもお世話になっております。
 お手数をおかけしますが、ひとつお願いがあります。
 幽玄の間で表示される対局者の名前ですが、本因坊戦 の挑戦手合いの場合、本因坊位のタイトルを持っている方の名前を(現在でしたら)本因坊文裕と表記されていますが、普通に井山裕太と表記していただきたいのです。
 ダウンロードした棋譜を自製のアプリで整理しておりますが、本因坊戦の挑戦手合いだけ、名前を本名に修正しなければならないという手間がいるのです。
 本因坊のタイトルは特別のものなのでしょうが、それは解説の中だけにしておいていただくというようにお願いできませんか。
返事が来ました
 平素は日本棋院ネット対局をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
 お問い合わせの件についてお答えします。
 本因坊戦の挑戦手合の際に、棋士の名前が「本因坊文裕」などの、雅号表記となっているため、ご不便をおかけしているとのことで申し訳ございません。
 ただ、雅号は5連覇をするなど、大きな記録を作った際に、資格を得るものであり、せっかくの記録でもあるため、こちらでも雅号での表記をしていきたいと考えております。
 ご希望に添えず申し訳ないのですが、現状、普通表記にさせていただく予定はございません。
 申し訳ないのですが、ご理解いただければと思います。
 また何か気になる点などがございましたら、いつでもご連絡ください。
 今後とも変わらぬご愛顧のほどを、心よりお願い申し上げます。

>また何か気になる点などが・・・・気になる点にされてしまった。
 石田芳夫の対局は(第〇〇世本因坊なので)本因坊秀芳と表記されています(マスターズカップ戦)。
 高尾紳路は5期も本因坊ではなかったのですが、本因坊位を持っていたときは、井山同様、本因坊○○でした。
 称号みたいなものは大嫌いなのですが、今後も、嬉しそうに「本因坊〇〇」と表記するのはやめないでしょう。
 下は、最近行われた「LG杯16強戦」の井山裕太対柯潔の対局結果です。
 残念ですが、この局面で井山は投了しました。
 仕方ないので、自製のアプリ側で本因坊○○を自動的に本名に変更する処理を追加しました。
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
コンピューターの棋力
 コンピューターが、現在最強の囲碁棋士の一人「李世ドル」との対戦で3連勝したと騒がれていますが、驚くほどのことではないと思います。
 コンピューターのスピードが早くなれば当然のことでしょう。



これがその第1戦(黒が李世ドル)。


第2戦(白が李世ドル)。


これが昨日行われた第3戦(黒が李世ドル)。


 3戦とも、李世ドルが投了しました。
 私は、第1戦と第2戦を観戦しました。コンピューターにしては序盤の着手が早く、しかもコンピューターが選択したにしては、人間同士の対戦に近い点に打つのが不思議な気がしましたが、これまでに打たれた膨大な対局数を学習する仕組みと知って納得しました。
 中盤以降は、選択した着手の帰結を読み切ることは(制限時間に対応できるスピードがあれば)可能なので、人間に読みの範囲と精度で負けるはずはないと思いながら対局を見守りました。



 3局とも王銘エンが(幽玄の間で)解説したのですが、コンピューター(以下、アルファ)側の着手を、感情を持ったものであるかのような表現を時々するのが面白い。
「働いた手」「アルファが(相手の勢力圏に)先に入ってきました」「曲げ(る手)を拒否しました」「強くいく手もありましたがアルファは避けました」「アルファは決戦を好まないような気がします。読めるけれど勝負を避けてじっくりいくのが得意かも知れない」「これまた冷静です。蜂のように刺してさっと離れた、見事です」
 第5戦まであるので楽しみです(第4戦は三村智保の解説)。
 アルファの序盤戦を見るのは、現在打たれている定石の決定版を垣間見るような気がして勉強になると思います。
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
またまた応募してしまいました
 囲碁の友人とのお付き合いで、今年も月刊誌「碁ワールド」の段級位認定100問に応募をした。
 そろそろ応募はやめにしたいと思っている私を気遣い、友人は私の回答を締切日の翌日に自分に送ってくれたらいいと言ってくれたが、それは潔くないと思う。
 友人は締め切りのぎりぎりまで考え、1月13日の消印有効となっている当日の夜に投函したと言う。
 その日一番最初にポストから集められる郵便物は、前日の日付の消印が押されるのだろうか。
 私は手違いがあっては困るので、“締切日の消印有効”とされた日の午前中には投函を済ませるタイプだ。



 さて、気合の入らない応募ではあるが、友人と久々に年初に会ってする答え合わせだけはとても面白い。
 「布石」と「中盤」の問題は、二人で議論しても正しそうな回答(三択方式)が明確にならないが、「手筋」「死活」「ヨセ」は、結論が出やすいので、それについてだけ検討する。
 両者の読みを披露しあって、いずれの回答が正解らしいかを確かめるのだ。

岡崎動物園で
 両者の回答が異なる問題のほとんどが、私の回答の方が正解らしいという結論になった。
 友人は悲観するものの、勉強になったと喜んでくれる。
 私は布石と中盤の多くの問題に自信がないので嬉しくもなんともないが(予想した得点はこれまでで最低)、学生時代に戻ったような午後のひと時はとても楽しい。




たのしみの答え合わせや初見草 (夢華)
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
囲碁名人戦の記事
 今朝のA新聞に囲碁の名人戦第2局の感想みたいな記事があるが、囲碁をあまり知らない者が書いているのではないかと思った。
 対局者の心理についてはともかく、戦術の説明は囲碁に詳しいものならとてもこんな書き方はしないだろうと思えるのだ。

 苦しいとみて踏み込んだ井山の狙いは奏功したものの、高尾が再度優位に立ち、最終的には形勢判断のミスで高尾が惜しい負け方をしたように私は思う。
 記事は、あまりに井山に肩入れをしているように感じられ、いつまでも違和感が残るのだ。

 下は第2局の最終図。
 互いに小さな丸印に手を入れるところで、黒番半目勝ち。

名人戦第2局最終図
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
幽玄の間、スマホ版
「幽玄の間」という、日本棋院ネット対局をスマホでも見られるので、外出中もチェックできるのですが、不満もあります。
 対局の観戦中に「形勢判断」を選ぶと、黒と白の地の大きさを計算して画面に表示してくれる機能のことです。
 ネット「幽玄の間」の常連さんは、この機能を「形勢くん」と呼んでます。(^○^)



パソコンの場合、次のような局面で大雑把に地合を見てみたいとき。


「形勢くん」を呼び出したら次のように表示されます。


 石の死活の判定をプログラミングするのは非常に難しいから、表示された計算結果を補正して判断する必要があります。
 盤面には黒地と白地が記号で示され、死に石と見なされた石にもその記号が付いているので、その判定が誤っている場合は、計算結果からその分をプラスマイナスすればいいのです。
 上の盤面でいうと、中央右の一団の黒石はまだ取られているわけではないから(現在、黒の手番)、表示された計算結果からこの分を修正して判断することになります。



 スマホの場合は盤面に計算結果が表示されるので、その背後が隠され、石の死活の判定が全て正しいのかどうか、確かめようがありません。

 左側が形勢判断をする前の画面、右側が「形勢くん」を呼び出したときの画面です。


 日本棋院への「お問い合わせ」に、「盤面を外して、その下に計算結果を表示してくださいね」を書いたのですが、いつものように「仕様がそのようになっています。要望として受け止めさせていただきます」とかいう返事が来ておしまいでしょうね。 ( ̄(工) ̄)
囲碁 | comments(0) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK