ジョンエスアームストロング

201905月<< 06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201907月

近江神宮で蝶美会の献笛(2019)

二の鳥居への石段です。
たまたま人が少ないタイミングで撮りました。
昨年に比べて参拝者が多いです。
参拝者は、二の鳥居の辺りから並んでいます。
内拝殿です。

今年は
「迎春」
の文字
でした。


穏やかな天気によく合っています。
明るい一年にしたいという気持ちになりました。


蝶美会のみなさんに用意された「社務所1」の一室の床の間です。
内拝殿に向かって整列して、頌和楽の演奏をしています。

献笛の後
内拝殿を
背にして
記念写真
を撮りま
した。

生息域にて | comments(4) | - | pookmark
びわ湖花火大会・2018
今年はムービーにしました。
フィナーレ
見苦しいですが ここをクリック してください
生息域にて | comments(4) | - | pookmark
梅小路公園・グリーンフェア
 5月3日と4日は、いつものように梅小路公園のイベントに参加。

Nがお手伝いに来てくれました


久しぶりにOさんも参加。
ボリビアへもよく行くので忙しい。

私は目線を低くして注意しているのですが・・


油断しているとワンコがさっさと通り過ぎていきます。


Nの素敵な作品です。


いつも明るいOさんにも癒されます


なぜかワンコはみんな機嫌がよさそうです


何を見ても楽しそうなワンコです


Nの作品と私の作品を並べてみました。
いつものことですが
私の色遣いには冒険がありません。(^^;)
生息域にて | comments(0) | - | pookmark
皆既月食
 1月31日の夜は少し曇っているような感じがして、無理だなと思っていたのですが、月食が始まる頃に眺めてみたらそれほどでもなくて。
皆既月食
 時間を規則的にあけて撮りたかったのですが、今回もそうはうまくいきませんでした。
生息域にて | comments(0) | - | pookmark
小野瀬直美さんの講演
 1月20日、図書館を考える大津市民の会が、大津市立北図書館との共催で行いました講演にご協力、ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
 科学に弱いくせに、天文学が好きな私が初めて知ったお話が多くて、時間の経つのがとても早かったです。
 HP「図書館がひらく宇宙のとびら」をご覧くださいね。






生息域にて | comments(0) | - | pookmark
献笛・近江神宮(2018)
 元日は穏やかな天気でございました。
 楼門の前の様子です。
楼門
外拝殿の前の様子です。
 蝶美会の献笛の開始です。
 ご祈祷を受けていた時の風が冷たく、身が引き締まる思いがしました。(^^;)
 社務所で記念写真を撮りました。
 今回はテーブルと椅子をご用意していただいたので楽でした。
 画像をクリックしていただくと、頌和楽(しょうわらく)の演奏をお聴きいただけます。
 柏手を打つ音がよく響いておりますが。(^^;)
生息域にて | comments(4) | - | pookmark
新年のご挨拶
びわ湖で
 皆さま、この子たちは慌ただしくしておりますが、わたくしめは今年も気楽な更新でまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
生息域にて | comments(2) | - | pookmark
ヒヨドリとシマヘビ
 カメラを買いました。
 これまでのカメラと基本的な機能はあまり変わらないのですが、マニュアルモード以外ほとんど使っていなかったので、この際他のモードがどの位使い勝手がいいのかちゃんと比較しようと思いました。
 で、公園でモードをいろいろ変えて同じ景色を撮り始めたのですが、電池の残量が少ないというアラームが点灯しているので、早々に中止しました。
 いい準備してるでしょ。(^^;)
 家の近所まで帰ってきたら、ヒヨドリがすぐ近くで激しく鳴いているのです。
 カメラを出して構えてみても逃げようとしないのが不思議でしたが、ヒヨドリが注視している先をよく見て理由が分かりました。
 そこは小さな花壇になっているのですが、シマヘビがヒナをくわえて呑み込もうとしています。
 シマヘビは皮膚に柔軟性がないため、あまり大きな餌は飲み込めないそうですが、このひな鳥はかなり大きいようです。
 親鳥は必死に鳴き声をあげて威嚇しているようですが、何の効果もありません。
 私は、ヘビのすぐ近くの地面に足をドンと踏み下ろしたり、尻尾の先を踏んづけたりしたのですが、ヘビは後ずさっていくだけです。
 頭を呑み込まれているヒナの足がまったく動かないので、助けようとしても手遅れだということが分かりました。
 心の中で親鳥に「もうだめだ」と声をかけてそこを離れましたが、親鳥も、もう鳴くことはやめました。
 これも自然の中で起こる普通の出来事なんだろうけど、なんでこういう仕組みでなきやいけないんだろと思います。
生息域にて | comments(4) | - | pookmark
例大祭
 昨日は例大祭。
例大祭の巡行
鯛
 今回も宮司の指導をいただいて、準備していたものをいろいろ訂正しました。
 そこで、マニュアルの制作に本腰を入れることにしたのですが、とりあえずは神饌の準備の仕方から始めました。
 少しですが、献幣使さんによる「鯛」の準備をムービーで。

マニュアルは、常任役員退任記念作品のつもりで。(*^^)v
生息域にて | comments(2) | - | pookmark
びわ湖花火大会・2017
 今年はムービーを撮るのはやめて、写真のみにしました。
 ちょうどいい絞りとシャッタースピードを会得しようと、はかない努力をしたのでございます。

 今年は「水の文化ぐるっと博」がテーマだったそうです。
 主催者のプログラムから勝手に抜粋しました。
オープニング
 定番の10号玉一斉打ち上げ
水と暮らしの文化
 琵琶湖とともに育まれた暮らしは、水を巧みに取り込み、自然と共に生きる「暮らし」です。
「水と暮らしの文化」を滋賀・びわ湖の美しい景観で、ぐるっと巡るように表現した花火を打上げます。
水と祈りの文化
 人々は、水の恵みに感謝の念を抱き、水の清らかさに精気が宿ると信じ敬ってきました。
「水と祈りの文化」を季節や時間によって表情を変える滋賀・びわ湖の様々な色で表現します。
水と食の文化
 人々のくらしと祈りを育んだ「水」は、地域ならではの独自の生業や食文化も育んできました。
「水と食の文化」では、琵琶湖の湖魚やスジエビなどをイメージした花火で表現します。
滋賀・びわ湖を巡る水の旅 〜 水の恵みに感謝 〜
 水の文化ぐるっと博」の締めくくりはびわこ花噴水をイメージした大花火(muca注:水中スターマインのこと)により水の恵みに感謝します。
フィナーレ
 花火大会の締めくくりにふさわしい、圧倒的な花火のボリュームで感動のフィナーレを用意します。
美しくないですが、花火の順序はこの通りです。
次回にはもう少し撮影技術は上がっているでしょう。
生息域にて | comments(4) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK