ジョンエスアームストロング

201705月<< 06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201707月

後の月
 10月13日の月は後の月(十三夜)でした。
 後の月とは、陰暦9月13日の月のことで、中秋の名月(十五夜)とともに、名月とされ、どちらの月も見ることがよいとされていました。
(大津市科学館からのメールを勝手に引用)

後の月

 ところが13日の夜は雲が多くて月を撮れなかったので、上はその翌日(昨夜)のものです。
 つまり十三夜よりは満月(16日が満月)に近いのですが、この月も美しいと思い。

そんな適当なことでいいのか
いいの
自然観賞 | comments(4) | - | pookmark
2016春の森づくり活動
今回は寒くてどちらかというと作業日和だったと思います。

持ち場に着くまで、短い登りですがそれがきつくて。
Movie


私は、ふもとの様子も撮りに戻ったのですが、もう一度急いで作業場所まで登ったときはとても疲れました。
なさけない。(>_<)



茶鍋と塩麹鍋の準備です。



茶鍋は子供用だったのかな。


 私はポン酢を入れるというのに気がつかず、薄味のうどんを疑問符付きでいただいたのでした。(^_^;)



食後はフィールドビンゴの時間です。
こういう状態のものを全て探して歩きます。


カードに書いてある状態のものを見つけたら、マークしていきます。


インストラクターの方に、見つけたものなどの説明をしてもらっています。


私には焼き芋が一番よかった




柔らかくて、甘くて
 (^○^)  


 足湯をしながらお芋を食べています。


こんなのもありました。


 なぜかしら。足湯が気に入っていたのは子どもだけ。
自然観賞 | comments(0) | - | pookmark
ラベンダーラス
 スーパーで、1000円を少し超える買い物をした。
 レジの女性が「粗品が出ております」という(レシートを見せて粗品をもらうシステム)。
 いつもは直ぐそばのサービスカウンターなのだが、この日は2階で渡すという。
 この建物は立て直す計画になっていて、1階と地下の店を除き、2階以上のテナントは全て撤退したのに、資金難か何かで未だに立て直しが始まらない。

 で、粗品はどうでもいいけど、閑散とした2階の様子でも眺めておこうと思って上がってみたら、雑貨が細々と売られていた。

 粗品は一番奥で渡すらしい。

 私のように地下と1階だけで買い物をすます客が多いので、そういうヤカラを2階の最奥まで誘導しようという魂胆のようだ。
 小さなチューブ入り歯磨きかなんかのために、のこのこやってきたオジンと思われるのが恥ずかしく、よほど引き返そうかと思ったが、ここまでご足労させて何をくれるつもりか確かめたい誘惑が勝った。

ラベンダーラス

 これはえらい荷物だ。
 どこにでも勝手に生えてそうな平凡な花にちがいない。
 意地はって貰うんじゃなかった。どうして捨てようかと思った。

ラベンダーラス

「ラベンダーラス」と名札が挿してある。

 ネットで調べたら、学名は「Pelargonium ‘Lavender Lass’」で、フウロソウ科ペラルゴニウム属の半耐寒性多年草とある。
 花期が長く、耐寒性はあまり強くないとはいえ、0度近くまで大丈夫らしい。
 夏の直射日光を避ければ、陽当たりでも構わない。

 これはいい。私でも枯らすことなさそう。
 かすかにラベンダーの香りがして、可愛い。(^<^)
自然観賞 | comments(4) | - | pookmark
皆既月食
皆既月食

 いつまでも月の頂部(ってないよね)が明るい感じがしていたけれど、地球が月の全体を覆うのに時間がかかるのかなぁ。
 天文学的なことが好きな割に、物理科学が(も)さっぱり分からない。(^_^;)

 もっと地球の影がはっきり見えるのかなと思ったけれど、光が曲がっているせいかどうか知らないけれど、ぼんやりしてますね。

 地球がのいてあげる頃には雲が出てきて、それ以上撮るのはあきらめました。
自然観賞 | comments(6) | - | pookmark
ふわふわと
 朝は寒いくらいになってきて、水族館の生き物をそれほどうらやましく思わずに眺められるようになってきました。

 最近アクセスの数がすごいことになってる。
 訪問者の数はそれほどじゃないのに。

自然観賞 | - | - | pookmark
中秋の名月
昨夜は美しゅうございました

自然観賞 | - | - | pookmark
久しぶりに森づくり
 インストラクターの方たちを含め、今回も60人以上が集まりました。
 ただし、わたくしめは写真係。
 皆さんは間伐したり、木の皮を剥いだりと労働にいそしんでおられたのですが、私はその周りをウロウロしてるだけ。

京都府和束の森で

 木の皮(ヒノキだそうです)が綺麗に剥けたらしい。

 皆さんは5つのグループに分かれて作業をしているので、私はウロウロするだけでも結構しんどい。(^_^;)

間伐後の皮むき作業

 台風が接近しているということでしたが、この日は雨も降らず暑いけれど穏やかな日でした。

 けれど、翌々日は台風18号の影響で、ここ和束町の川も水が溢れて数十軒が避難されたのですね。

秋の気配がしてる
自然観賞 | - | - | pookmark
ペルセウス座流星群
大津市の科学館からお知らせが来た。

8月13日午前3時ごろ、3大流星群のひとつ、ペルセウス座流星群が極大(最も多く流れる時間)となります。

今年は午後10時頃には月も西に沈み、その後は流星群を見る絶好のチャンスとなります。

流星群を見るこつは、なるべく明かりのない暗い場所で、(できれば寝っ転がって)空全体を眺めることです。

13日は旧七夕でもありますので、星空も一緒にお楽しみください。
ペルセウス座(想像図)

 ペルセウス座流星群といえば、MISIAの「星の降る丘」を連想する。

 私はよくミーシャの歌を子守唄にして寝入ってしまうので、友人にそう言ったら「ミーシャ聴きながら寝られますか!」と不思議がられた。
自然観賞 | - | - | pookmark
水族館で(1)

さびしそうにしていたので・・
アマダイだったかなぁ

しばらく一緒に居ました
つぶらなお目目がかわいい



朝日新聞から

朝日の記事 熱気球は燃える気体でもないのに、どうして爆発したのだろうとびっくりしました。
墜落や不時着のトラブルなど、いろいろ危険はあったのですね。

気球墜落のイメージ図というのだけれど、全然イメージになってないですよね。
遺族を気遣って大幅に図を修正したのだと思います。
自然観賞 | - | - | pookmark
茶源郷まつり
風船のV字バランス

京都・和束町の「茶源郷まつり」に行ってきました

ちゃちゃ
「ちゃちゃ」というマスコットキャラクターが歓迎してくれました

会場はお茶づくしの屋台がいっぱい
ほとんどの食べ物にお茶が入っています

お茶づくしの屋台村


ここではこういう紙幣(お祭り通貨)を使います

千円に相当するのは「煎茶源」という紙幣でしたが、写真を撮る前に使ってしまい、こういう細かいお札になったのです 汗


「世界のお茶を楽しむ散歩道」というフリーブースでは、いろいろなお茶を試飲しました

ここはインドネシアのお茶

お茶をマイカップに入れてもらうのですが、お茶をたくさん飲むと忙しくなるので「少しだけお願い」と言って入れてもらいます


これはアメリカのお茶で、急須(?)を持ってる女性に迫力がありました

会場の向こうに茶畑が見えますが、バスでここまで来る途中にも、茶畑がいっぱいありました



この女性は、お茶の葉の押し花教室で、栞(しおり)が作れますよと言ってます



彼女(右)が作ったのを見ましたが、かわいかったです

和束子供ステージでは、お茶の色の服を着た園児が元気に歌ってました




午後は場所を変え、いつもの森づくり活動をしている拠点にやってきました

今日は間伐などの作業はやらずに、ちょっとしたゲームをするのです


総勢90人ほどが4つの班に分かれて、それぞれ用意された場所へ行き、注意しないと分からないように森の道端に置かれた(自然にはありえない人工のもの)を全て発見するという遊びです

これは私にはとても難しかったです


 私の班の正解は全部で11個なのに、私は6個しか発見できませんでした

 気のせいか、見る目のない私を笑っているようにみえるのは、お世話をしてくれたスタッフのうちの二人です


 そうそう、「茶源郷まつり」では血管年齢と骨密度を測ってくれるコーナーがありました
 血管年齢は年相応でしたが、骨密度では測ってくれた方がとても感心してくれました


「骨のある人物とは到底思えないあなたなのに、骨密度は20代ですよ」って 祝

自然観賞 | comments(8) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK