ジョンエスアームストロング

201705月<< 06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201707月

ふれあい町家の風景から
前の記事の「ふれあい町家」で目についたものです。

創作人形
創作人形


創作人形
創作人形







複雑な折り鶴だなぁ






禎造筆の和凧

 2月18日(土)〜3月5日(日)は「ふれあいひな祭り」で、いろいろな雛飾りが見られると思います。
散策 | comments(2) | - | pookmark
ふれあい町家で新春初釜茶会
今年も長岡京で、お茶会の邪魔をしてきました。

長岡京市立神足ふれあい町家

プログラム
12時40分頃に到着し、最寄り駅の近くでのんびりとお昼をしているという友人を待ちました。
大勢で茶室に入ることになりませんようにと、この日も低次元な心配をしています。


待合掛物
待合の部屋にかけてあった掛物です。


主人(亭主?)
床には、大徳寺の与雲和尚の筆になる「天地一閑人」がかけられています。
いろいろ説明をしてくれた方が、どうぞ気楽にとおっしゃってくれたので、素直な私は直ちにお気楽モードに。



お茶をいただいた後、(お茶の道具を拝見している人が離れるのを待つ間)床の間を拝見しています。
花は、結柳と紅白椿です(結び柳とは、長くしなやかな柳の束を結び、輪にしたものらしい)。
花入は青竹寸切です。


香合「鶏」
香合「鶏(ひのととり)」と会記に書いてあったものだと思います。


炭飾り
炭飾りですが「くぬぎ炭」なのかな。
奉書で包まれ、金銀の水引きで結ばれています。
三宝の四隅には、山のものと海のものが置かれているようです。


水差「染付色絵唐草」、蓋置「金襴手三閑人」
ようやくお茶の道具が撮れました。
水差は「染付色絵唐草」、蓋置は「金襴手三閑人」とありました。



炉縁は「高台寺蒔絵」で、釜は「すじ釜」ということです。



薄器は「干支平棗己鶏」で、茶杓「宝尽蒔絵」です。



この茶碗は「大樋幕釉」ですが、私は別のものでいただいたような気がします(壊すといけないからかな)。


建水「コマ形・宝尽」
建水は「コマ形・宝尽」
茶碗を温めたりしたときに使った湯を空けるためのものですね。


 一組毎に会話が弾むので、待合に居る人に気を遣ってしまいます(こんな気になるの、気の小さい私だけかな)。

散策 | comments(2) | - | pookmark
都七福神巡り
JR黄檗駅に集合し、先ずは黄檗山萬福寺にやってきました。

萬福寺三門

天王殿の布袋尊像です

布袋尊像

増長天
天王殿には四天王の像と韋駄天像が安置されています。
増長天像です。

持国天
持国天像


多聞天
多聞天像


広目天
広目天像


韋駄天
布袋尊像の背後の位置に韋駄天像です。


 この日は結構忙しく回らなければならないので、慌ただしく東寺にやってまいりました。
 東寺(教王護国寺)の東の駐車場から入りました。左前方は食堂(じきどう)です。

東寺の境内

 東寺の毘沙門堂です。
 予報通り雨が降ってきておりますので、なぜかゆっくりできません。

毘沙門堂

 京都駅から東寺への往復は歩きで、京都駅からは地下鉄で松ヶ崎まで乗車後、歩いて松崎山妙円寺へ。

妙円寺

大黒堂ですが、中が暗いです。

松ヶ崎大黒天

大黒天像
お堂の前におられた大黒天像です。


 妙円寺の前の蕎麦屋に入った後、快調なペースで赤山禅院にやってまいりました。

赤山禅院

拝殿です。

拝殿

正念珠
正念珠と言い、正式に参拝するには数珠を持っていなくてはならないようです。


福禄寿殿です。

福禄寿殿

福禄寿の像がお分かりになりますか。


 市営バスで河原町丸太町まで乗り、革堂までやってまいりました。
 いざ入ろうとしたときに、七福神巡りのバスツアーの団体が来ましたので、近くの「進々堂・寺町店」でお昼にしてから再度の訪問です。

革堂

寿老人神堂
寿老人神堂です。


寿老人
寿老人の像です。


にぎやかな恵比寿神社にやってきました。

恵比寿神社

本殿に並ぶ人たちです。
この日は招福祭が行われているようです。


六波羅蜜寺の本堂です。


こちらが六波羅蜜寺の弁財天堂です。
弁財天様を最後にしてしまいましたと、お詫びします。

六波羅蜜寺弁財天堂

誰か知らぬが、傘のしずくを中に落とすでない

弁財天
散策 | comments(2) | - | pookmark
亀岡で七草粥をいただきました
 誘ってくれた友人が都合で行けなくなったので、慣れないところへ一人で行く気はなかったのですが、友人は恐縮してメールで地図を送ってくれたので、参りました。
 相棒が窓を全開して部屋の掃除を始めたことも、出かけるきっかけになりましたが。(^^;)


 みろく会館の2階でも行われているのですが、友人が言っていたように、そちらは対応が粗略のように思えたので、当然のように座敷席に向かいます。


正面が万祥殿で、春陽閣はその右のようです。



 春陽閣にお邪魔すると、大勢の方が並んで座っておられました。
 来られた方は、お役目の方と親しそうに挨拶をされますので、私は落ち着かない気持ちになります。


 並んで待つのが嫌いな私は、万祥殿の中を少し歩いてみました。
 この右方に、茶席へ案内されるのを待つ方たちが座っていました。



 外へ出て、参拝される様子を眺めております。



 そろそろ空いた頃かなと思い春陽閣に戻ります。
(終了時刻の)14時が迫っていたのに、まだ大勢の人が並んでいました。


 廊下に七草の見本が置かれていました。
「せり」と「なずな」には別名がないのかと思いましたが、せりには「シロネグサ(白根草)」という名もあり、なずなは「ペンペングサ」と呼ばれていますね。
 白根草という名前は知らなかったけど、ペンペングサはマンドリンの練習に使ったことがあります。
 すぐに柔らかくなるので交換しまくりで。もっともらしいうそをつくでない!


 亀山城址の天恩郷は、大本(おほもと)の宣教の中心地だそうですが、広いところですね(画像のクリックで、そこにあった案内図を表示します)。


 七草粥は簡単なものだろうと思っていたのですが、とても丁寧に用意がされていて、吸い物には「つくはね」が入れられ、いろいろな香の物(というのかな)もありました。
「つくはね」を食べたけど、食べてもいいんだよね?
 濁り酒が甘くておいしかったです。(^◇^)
散策 | comments(0) | - | pookmark
大阪自然史フェスティバル
 長居博物館で開催されていた大阪自然史フェスティバルへ行きました(11月19日)。



友人Yとその友達がかわいい商品を並べていますが、店舗自体がかわいらしい大きさです。



2階から眺めた様子です。



会場が暗いので、いずれの店舗も地味に見えるのですが、私がそばにいると余計に暗くなるのと、長居の博物館も植物園も初めて訪れた私は、あちこちをうろうろしておりました。

散策 | comments(4) | - | pookmark
飛騨高山から妻籠宿へ
 18人のグループで飛騨高山から下呂温泉、妻籠宿へ行きました。


飛騨高山の土産物屋では、この女性が「来てくれんかったね」と不満げでした。
え?
きてくれんさった
って方言なの?


 下呂温泉で泊まったのですが、同室の者のふるまいに、いささか怒りを覚えました(一つの部屋に4人)。
 私が先に寝ていたら、部屋の灯りを消したら足元が暗くなったからと、テレビを点けたまま寝てくれました。
 私が寝ているベッドの前にテレビがあるので、チラチラとして寝られず、私は数分後に立ってテレビを消しました。



妻籠宿にて




 翌朝は、まだ暗いのにいきなりテレビが点いたので目覚めてしまい、スマホで時刻を確かめたら5時50分でした。
 布団をかぶったり、咳ばらいをしたりして注意を促したのですが、テレビ大好きらしい一人はそんなこと目じゃないみたいで、仕方なく私は起きて温泉に浸かりに部屋を出てしまいました。
 朝食は8時15分からとなっていたのです。信じられないです。



妻籠宿にて





妻籠宿の郵便局では、こういう格好の律儀な局員が今も現役で働いているという、もっぱらのウソでした。

散策 | comments(6) | - | pookmark
茶源郷まつり・2016
主に「体験と学びエリア」の某企業のブースに密着して取材してまいりました。



その某企業の今回のテーマは“押し葉を使って「葉っぱ貼り絵」づくり体験”という手作りアートです。
某企業と言いながら、かなりはっきり名前が出ております。(^-^;

これは音楽ステージで行われた開会宣言の様子です。


某企業のブースもお客さんの訪れるのが早いです。




















子どもたちの作品を眺めてみました。






































これは某氏が作りました。
「町のにぎわい」と名付けておりましたが、「町」を感じることが難しいように思い、「混沌と破綻」と修正してあげました。


NANAです
(^◇^)






















わたくしめはこれを作って、首にぶら下げておりました。
この程度のものを作る技量で、他人の作品を「混沌と破綻」と申したのでございます。(^^;)



スタッフの一人が力仕事してます
Movie



11月5日と6日、和束の森は暖かい日差しに恵まれて楽しかったですよ。

散策 | comments(4) | - | pookmark
近江八幡の CAFE NICO
日牟禮八幡宮拝殿です。

日牟禮八幡宮拝殿


私の足は自然に左義長祭りに使われる赤い紙の束に向かいます。なぜかこの色に惹かれるのです。
この日は三連休の前の日のせいか観光客は少なかったのですが、お昼時には少し間があるのに呼び込みをしている店がいくつかありました。


 いかにも観光客目当てという店は避けたい私たち6人は、観光地の中心を少し離れたところで、CAFE NICO という、ランチとディナーのできる店を見つけました。
 私以外はカレーにしましたが(種類はいろいろ)、私は「本格鰹だしにきのこを加えたあんかけオムライス」というのにしました。
 ほかの客は女性ばかりで、とても雰囲気のいいお店でしたよ。

CAFE NICO
散策 | comments(4) | - | pookmark
わいわいTRY塾
 NPOで一緒に活動しているOさんが、JR宇治駅隣にある「ゆめりあ宇治」の“おしゃべりサロン”で発表されたので参加しました。


 Oさんは行動力があるので、経験したことをもっと喋りたかったと思いますが、私がまったく知らなかったボリビアをたくさん教えてくれました。


 東日本大震災のときのボランティア支援活動で知り合い、それ以来応援されているボリビア人家族(ルーベンさんと言い、奥さんは日本人)が帰国されてからも、Oさんはボリビアに行って支援されています。


会場では、ボリビアのキヌア(穀類の一種かな)が紹介され、人気がありました。


Oさんの手前は、
ルーベンさん。
ルーベンさんも、
最後に立派な挨拶
をされました。

ホワイトチアシード

キヌアは栄養価に富み、お米に加えて炊いたりするそうですが、私はこのホワイトチアシードにしました。
ヨーグルトやジュース、スムージーに入れて食べられるので、手頃だと思ったのです。
スムージーって、
なんなん?
  (*'▽')
散策 | comments(4) | - | pookmark
びわ湖畔を歩く
 3月14日にびわ湖一周を開始(大津駅〜JR石山駅)したのですが、その日は終日雨でまったく写真を撮らなかったのです。
 で、2回目を4月6日にしたのですが、この日はいい天気で、JR石山駅から瀬田の唐橋を渡り、烏丸半島まで、気持ちよく歩きました。



 子供の頃は蒸気機関車で母の実家の近江八幡に行く時が何度かあったのですが、ここに近づくたびに母が「瀬田の唐橋やで」と教えてくれました。
 特に大きくもない古びた橋で、わざわざ教えてくれるほどのものでもないなと思ったものでした。


 今はコンクリートにかわり、この擬宝珠(?)だけがあの頃のものかも知れないです。
 瀬田川の東岸を眺めています。



ボートとカヌーが何艘も行き交います。
瀬田川の東岸にはボート部やカヌー部、漕艇部の艇庫が多いです。
Movie

こういうのまで見かけました。


「すみません」と声をかけて追い越していく女性たちは、同志社大のカヌー部。
 二人乗りのカヌーでも、そんなに軽いわけではないので、私たちの後をゆっくり歩いていられない。



芭蕉の句碑
かくれけり師走の(うみ)
   かいつぶり
「世間は慌ただしく働いている師走に、自分はこうしてかいつぶりを眺めている。そのかいつぶりは急に潜って見えなくなったが、かいつぶりも何かと忙しいのであるな」というような意味が書かれ、

“無心の鳥に師走の気分を見出したところにこの句の面白味があり、静かな自然とあわただしい人間世界とを対照的にとらえている余情がある”という解説が添えてありました。

 解説が意味に合っていないと思いました。
 私なら“自分以外は鳥でさえも忙しいと見出したところに、自然を含めた自分以外の世界と自分とを対照的にとらえている余情がある”でしょうか。



(ヒドリガモだったと思いますが)草を食べに岸にあがっているそうです。
 手前のスイセンは、湖岸に沿ってたくさん植えられていました。




「よく整備されていますね」と言われ、「そうですね」と私。
 大津に住んで長いのに、気合を入れて湖岸を歩いたことない。(^_^;)




 ゆっくり歩いても結構疲れました。
 烏丸記念公園に着きましたが、ここから栗東駅または守山駅まではかなりの距離があります。
(写真のアーチモニュメントは、中央から下へ噴水が出るようになっているらしいです)
 幸いなことに、到着したばかりの近江鉄道バスに乗ることができました。
 1時間に1本しかないのに、2分後の出発に間に合ったというのは見事なスケジュール管理でした(出たとこ勝負のくせに)。^^;


 草津駅の近くの、私たち以外だれも来ない時刻に店に入り、「此のたびの首尾、まことに重畳」と乾杯したのでございます。
散策 | comments(2) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK