ジョンエスアームストロング

202001月<< 02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>202003月

近江神宮の元日
 2列か3列に並んだ人たちは拝殿まで整然と歩いていきますが、可笑しいのは拝殿に到着しても列が少しも崩れていないようです。
「拝殿の前ではいっぱいに広がってお参りくださいませ」という放送がひっきりなしに聞こえていました。
 列がゆっくりとしか進まないので、神官の方もたいへんですね。

 私の地域の神社の紙垂(しで)の形は美しくないと思っているので、今日はしっかりと近江神宮方式の美しさを記録し、軽鎮ではありますが意見を申し述べるつもりです。
我が神社の伝統ある様式美をどのようにお考えじゃ!
 と、うまい具合に反対意見を誘発できたら、責任をとって常任役員をやめさせていただく正当な(?)理由になります。
 紙垂の下方がすべて広がっているこの姿が美しいと私は思います。
 私どもの神社は、下が2枚に分かれるように作らないのです(輪の状態にする)。
 注連縄を緩めて先端を差し込んであるのも美く、作業も楽に思います。
 私どもでは先端に紅白の紐を通し、注連縄に結びつけます。
 注連縄が上等じゃないので、ここまでするのは無理かも。

 神楽所の前ですが、5日までのご祈祷にはすべて神楽が舞われるそうです。
 令和2年の恵方は西南西と書かれています。
 昨年も入りましたが、(かるた祭が行われる)近江勧学館の2階です。
 競技に用いられる取り札は激しくはじかれたりするので、畳に触れる面積が小さくなるように少し反らせてあり、かなりの厚みもあるそうです。
 絵札は左の木製の容器のようなものに重ねてセットされるように思いました。

 1階の受付のテーブルに貼られていた紙です。
 こちらはどのように行われるのかが分かります。
 取り札100枚を全てばら撒くのですね。
 この画像と次の画像を逆に表示させておりました。
 カルタ取り用語でいう「お手つき」と似ていて、恥ずかしい。(^^;)

 こちらは、百人一首の競技に慣れながら歌も覚えていくために作られた札を使うようです(絵札と取り札が「きまり字」別に20枚ずつ、5種の色分けがされている)。
 市販されているものが幾つもあるようですが、きまり字をどういう基準で5つに分けてあるのかとか、競技のやり方が私にはわかりません。
 1階にきまり字が1字のものだけの大きな絵札があり、これを使って館内の何処で写真を撮ってもいいと書いてありました。
 7枚ある内のこれを選んで持ち歩きましたが、適当な場所が見つからなかったので、2階の片隅で写真を撮りました。
 この方に持っていただいたのですが、片恋を暗示している歌のように見えてきて不思議。(^^;)
コラム | comments(2) | - | pookmark
年末のご挨拶にかえて(?)
 年末は気ぜわしいです。
 今年もやめるわけにいかないと(ご大層に)覚悟を決めて年賀葉書は12月6日に買いました。
 配達のついでに郵便局員が年賀ハガキの申込書(葉書になってるの)をくれるのを待っていたのですが、なぜか今年はそういうお願いがなかったので。
 年賀状の構図は簡単。パズル「数置」でスペースの大半を埋めることに決めていて、あれこれ悩むのを放棄してます。
 私が命名した「数置」はこのブログを訪問いただいている方はご存じの、数独やナンプレなどと同じルールです。
 公開しておく数字の位置を干支にちなんだものにするのは、毎年変わり映えしないデザインのせめてものアクセント。
 ところが、9×9しかないマスの数でネズミの顔を表現できる才能は私にないので、例えば「子」という漢字にしたいのですが、概して漢字は縦線と横線が長いため、公開位置が分散しないので問題が作れません。
(何にしたかを今の時点で書いてしまうわけにはいきませんが)試行錯誤を繰り返して1個だけ問題ができました。偶然にも手ごろな難しさがあるのでほっとしています。
 使いまわしの自分のイラストと、ネズミくん(パクってきたのを修正しただけ)を添え、それに雪の結晶を何個も描いただけの面妖なしろもの。
 わずかでも手書きがあったほうがましかと思い、添え書きのための余白をほんの少し残して印刷終了。
 実際に手で書き始めると、なかなか思うように進まないことがわかりました。
 たいしたこと書くわけじゃないけど(失礼)、字が下手なくせにイラチのせいか1枚ごとに書くスピードが速くなり、数枚書くと書き損じてしまうので1日に何枚も書けない。
 それでも21日に書き終えたので、月曜日を待って近くの郵便局へ持っていきました。
「年賀はがきをここで出していい?」と言いやすいのは、その郵便局の前にあるポストが小さくて一個しか投函口がないからです(通常郵便物と年賀葉書に分けてない)。
 窓口の女性が(買ったときと同じ方)、ニコっとして「ありがとうございます」と言ってくれ、とても気持ちがよかったです。
「販売時点で感謝の表明は完了しております」ではなかった。(^-^)
主菓子の名前を忘れました
 25日と26日でしたか、複数のテレビ局で、年賀状にふさわしくない言葉というのを紹介していました。
 目上の方には適切ではない熟語を(思い切り目立つところに)使ってしまった後に教えてくれる親切な番組でした(泣)。
 ということで、そういうのが届くかも知れないあなた様への事前の予告とお詫びで、年末のご挨拶にかえるものです。(^^;)
コラム | comments(0) | - | pookmark
ドア付近の広告から
 私たちのNPO法人が京都環境フェスティバルに出店していたのですが、その会場に向かうJRで。
 ドア付近の広告が目に留まったので、空いていて誰にも見られていないようなのを幸い、スマホで撮りました。
その胃痛、俺が引きうけよう
 見た瞬間に、ゴルゴ13が「こいつで楽にしてあげよう」と言ってるように見えたのですが、日頃は友人の一人から、たいがいのものを斜(はす)に見てると評されてはいるものの、大胆な製薬会社に思えました。
コラム | comments(2) | - | pookmark
加齢の威力?
 英文で使われるハイフンは、行末の単語がその行に収まらず、単語の途中で行を折り返さなければならないときに、その単語が次行に繋がることを示すための記号なのですが、エクセルの場合、その目的ではないハイフンがあっても、それに続く一連の文字列が行内に収まらないときは、ハイフンの直後で折り返されてしまいます。
 エクセルがアメリカ製のソフトであるための不便な仕様です。
 メールアドレスをエクセルの表に書くとき、ハイフンが使われている場合があるので、列幅が十分広くないときは「-」を「=」に置き換えていました。
 こうすることで余計な行替えは起こらないのですが、他人にその表を利用してもらうときは、そのことを注記しておく必要があります。メールアドレスに「=」が入ったまま使う方がいると、メールアドレスが誤りで送信できないというエラーになりますので。
 最近、ふとしたことからこれを簡単に解決できることが分かりました。
 列内に表示可能な数の文字の直後に「改行コード」を挿入すれば済むことだったのです。
 プログラムではなくワークシートに手入力する場合であれば、「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押す操作になります。
 これでメールアドレスに含まれるハイフンの直後で改行されることはありません。
 こんな簡単なことに気づかないところが加齢の威力というものだなと、感心した今日この頃です。
頭悪いだけと思ってない図々しさに感心するぞ

主菓子は「菊重ね」という雅な名前です
コラム | comments(0) | - | pookmark
A新聞の記事から
 昨日(2019年2月9日)の囲碁欄では、第44期名人戦リーグの芝野虎丸対村川大介戦を掲載中です。
 この局面まで掲載されています。
42手目から73手目まで
 その解説の一部に参考図があり、次の記述があります。
「追い打ちをかける白52には、15分使って黒53。これを省くと黒A、白B、黒C、白Dに黒Eと切る筋があって窮する」
参考図
 参考図と記述をつき合わせてご覧いただくと、記述は、黒と白を逆にしています。
 解説の意図は、次の図なのですから。
参考図

 この際ですから、もう二つばかり苦言を呈しておきたいです。
 2018年8月3日の囲碁欄の解説は、前期の名人戦リーグで山下敬吾に高尾紳路が負けた局面のものでした。
「最終ラウンド高尾は勝つしかない。前期名人の即リーグ陥落は例がない。不名誉な記録は作りたくないだろう。相手はすでに名人挑戦を決めた張栩だ」
 実は、この解説記事が載る前日にその最終ラウンドが行われていて、高尾は張栩に158手という比較的短手数で中押し負けをしていました。
 読者の興味をあおるためとはいえ、記事が掲載される前にこういう結果が判明してしまう可能性を配慮しておかなければいけません。
 こうまで厳しくない言い方をしておくとか、差し替え用の文章を用意しておかないと、まるで新聞社が高尾に個人的な恨みでもあるかのように受け取られるでしょう。
 更にこの少し前、同じ前期名人戦リーグの別の棋譜の解説で、「脱兎の勢いで攻め上げる」という書き方がされた個所が2か所あって、落ち着かない気分になりました。
 用法の誤りとまでは言いませんが、「脱兎のごとく」や「脱兎の勢い」というのは、逃げ足が早くて捕まえることができないというような状況から生まれた言葉なのだから、どうせ陳腐な言い方(笑)をするのなら、「騎虎の勢い」「一気呵成」「破竹の勢い」など、他にいくらでもあるではないかと思いました。

「お詫びして訂正します」に書いていただくほどではありませんが、新聞社には囲碁好きな方もおられると思います。
 こういう方たちは自社の囲碁将棋欄を眺めてみたことがないのかなぁと不思議に思いました。
 囲碁将棋欄もしっかり校閲して、新聞全体の信頼を高めていただきたいと思うのです。
コラム | comments(0) | - | pookmark
色づかいで配慮すべきこと
 最近、エクセルのアプリケーションを作っている途中で気がついて、修正した処理があります。
 警告や注意など、情報の重要度を安易に色の違いで示さない(または、それに頼らない)ようにしたのです。
 悲惨な豪雨についてのTVニュースの画面を見ていて、同様のことを考えさせられました。
 下はその一場面を私がスマホで撮ったものです。
 一般的な色覚の方は、強い雨が降っている地域、激しい雨が降っている地域、非常に激しい雨が降っている地域がこのように見えます(中国・四国地方と九州北部の図です)。
Common
 ところが、長波長感受性(赤方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Protanope
 中波長感受性(緑方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Deuteranope
 短波長感受性(青方向の光を感じる)錐体が機能しない(またはピークがずれている)と、おおよそ次のように見えるようです。
Tritanope
 男性の20人に1人というかなり多くの方の色覚が、他の方と異なるということを忘れないようにしたいと思います。
 このNHKのニュースでも、色を説明には使わず、地域帯を手などで示す配慮がされていたようです。
コラム | comments(0) | - | pookmark
電車の補助椅子
 ラッシュの時間帯でなくても、車両が混んでいるときがありますよね。
 入り口付近でも大勢の人が立っているのに、補助いすは使わなくてはならないものみたいに使ってる 人 がいる。
 どういう神経してんだか。
 補助椅子が使えないのは、ロックされているからじゃなくて、本来は混んでいる時なんだよ。


写真は本文と関係ありません。
コラム | comments(2) | - | pookmark
変動帯の知恵
シクラメン・ペルシクム

 坪内稔典氏の著書「モーロクのすすめ」の中の“変動帯の知恵”に、地震を研究する地球物理学者・尾池和夫氏の『日本列島の巨大地震』に書かれているという次の言葉が引用されていました。

 日本列島は、世界でも珍しい、変動する若い大地で構成されています。
 変動帯にあって地震や噴火や津波とともに動いているこの列島のことを知って、そこでの豊かな自然の恩恵を受けながら、災害から身を守る暮らしの知恵を、もう一度見つめ直すことが大事です。

 巨大な災害が起こるたびに、自然の酷薄さをあらためて感じることしかなかった私には、尾池氏の言葉は目からうろこでした。
 地震を研究する地球物理学者であるからには、私などよりもっと諸行無常というような感情にかられるのではと思われるのに、この前向きの姿勢はどうでしょう。
 尾池氏は俳人でもあり、句集「大地」には次の俳句があります(「モーロクのすすめ」からの更なる引用です)。
 自転する地球の上の冬銀河
 冬晴れやマグマを抱きて眠る富士
 冬の虹京の余震に揺れており
 万緑や膨張宇宙の中にゐる

 “変動帯の知恵”の項で坪内稔典氏は、次のように結んでいます。
 3・11で世界が変わった、言葉も変わったなどという人は、どうも信用できない気がする。そういう人は何かあるとすぐ変わる人なのではないか。
 3・11は巨大な変動であった。それが私たちの考えや感受性に影響を与えることは間違いない。それだけに逆に、変動帯の暮らしの知恵を冷静に見つめたい。
コラム | comments(2) | - | pookmark
A新聞から
 昨日のA新聞の「しつもん!ドラエモン」ねこ編は、
 日本にも貴重なヤマネコが生息しているよ。何種類いるだろう?
 だった。
 そんなのがいたのかと思って「こたえ」を探したら、
 2種類で、長崎県の対馬にいるツシマヤマネコと、沖縄県のイリオモテヤマネコ
 のことだった。
 貴重というより、希少種というべきじゃないのかな。
「いいえ、私たちはとても有用なのよ」だったらごめんね。



 同じく今朝は、岐阜大が米国の臨床栄養学の雑誌で報告した内容の記事が載っていた。
 要約すると、納豆を食べる習慣のある人は食べない人より、脳卒中で死亡するリスクが32%も低いということである。
 喫煙状況や運動習慣による影響は除いての調査結果で、脳梗塞で亡くなるリスクも低いそうだ。
 納豆をふだん食べる量に応じてグループを4つに分けて行ったが、最も多く食べたグループでも35グラム入りのパックを週に1〜2個というのに驚いた。
 私は毎朝といっていいほど、そういうパック入りの納豆を一つ食べている。
 栄養というより、単におかずとしてだけど。
コラム | comments(2) | - | pookmark
荷受け代行
今朝の新聞に“「荷受け代行」バイトに注意”という見出しの記事があった。

うどんちゃん 「注意」程度の書き方しかできないのは理由があるのかも知れないが、何故こういうのが仕事として成立するのだろう。
 届いた荷物の転送先は、何故直接自分のところに荷物が届くようにしないのか。
 私は、それができずに、一旦他者に受け取ってもらい、それを転送してもらわなければならない「真っ当」な事情が一つも思い浮かばない。
 自分の個人情報を知らせてまで、そういうバイトがあるならしてみようかと考える人の中にはお金に困っている方もいるのだろう。
 私にはそういう人を責める気持ちは起きてこない。
 けれど、こういう被害者が出る前に、諸悪の芽を早期に根絶しようとしない政治の鈍感さに怒りを覚える。

うどんちゃんがかわいい。(*^^)v

(写真は本文に関係ありません)
コラム | comments(2) | - | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK