ジョンエスアームストロング

202003月<< 04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>202005月

長浜のまち
 盆梅展をメインに長浜の町を散策しました(以下、言葉遣いが少々乱れる)。


 3年前は1月の中旬だったので、梅はほとんど咲いてなかったけれど、今回は満開どした。
 おかげさまで客も満開。
 咲ききったのばっかし(^_^;)。

 人波の途切れるのを約3時間ほど待ったやろか、ようやくこの梅が撮れて(ええ加減なこと言うて)。
紅梅ちゃん

盆梅展を観賞するT氏
 絶え間のう流れる人混みやのに、この旦さんは踏みとどまって紅梅を愛でておいやした(早よ撮ってくれんと次の見られへんやないか)。


 先ほどの旦さんが「梅のそばにビンが置いてある」と言わはるので見に行くと、なるほどガラス工芸品がおました。
 近くの黒壁六號館の出品物で、ガラスのお雛様やね。ようでけたある。可愛い(多分)。

ガラスのお雛さま

長浜観光物産協会特産品の売店
 盆梅展は長浜駅近くの慶雲館(豪商浅見又蔵氏が明治天皇をお迎えするために作ったという)で行われてますけど、中ではにぎやかに琵琶湖の特産品が売られています。
 「今度買えるのは、また1年先よ〜」というようなことを、大声で教えてくれています。
 買いそびれたら大変なことになると言うたはるらしいのやけど、小さい鮒寿司2000円也などを眺めるだけにしといた。
 梅店(じゃなかった売店)のおばさんは電卓なんて使わへんねんね。
 お客が例えば「これとこれを7つずつと、これを8個」と言ったら少々めんどうやね。


 人がたんとおいやすので盆梅展で時間を過ごせへん。昼食まで時間があるので長浜城を見に行きました。
“秀吉公が居城として初めて築いた城。鉄筋コンクリート造り、3層5階建て”と「長浜まち歩きMAP」に書いたある。
 秀吉はんもなかなかやるおひとやなぁ。当時にしたら画期的な建材やったにちがいおへん
 (あんなぁ・・)。

長浜城歴史博物館

千茂登(天然鴨すき)
 千茂登はこのへんの鴨料理では人気を二分する店やそうで、昼食はここどした。
 料理は撮れへんかったんやけど、暖簾を見てもろうたら、まざまざと鴨すきや鴨ステーキが思い浮かびますやろ(むり言うたらあかんえ)。

黒壁ガラス館
黒壁ガラス館は明治33年に建てられた国立第百三十銀行を利用しはったんやね。


 今回はここに入らへんかったので、3年前の画像を載せといたえ。
黒壁ガラス館の中

詳細不明
 そのかわり、今回はすぐそばにある黒壁美術館に入ることがでけた。
 ガラス芸術に圧倒されてしもて。
 みんなお見せしたいのんやけど、この中は撮影禁止やので惜しいけどお見せすることができひんのどす。
 そやからこの数枚の画像がなぜデジカメに(勝手に)入ってたんか、経緯をじょうずに説明できしまへん。



 エミール・ガレやヨハン・レッツ・ヴィトヴィエの作品が好きどす。

 これ、かわいいでっしゃろ。
詳細不明

詳細不明
 これが作品やと気づかんと肩こりの治療器かと思い、つい触ってしもうて。
 かんにんえ。お詫びのしようがあらへん。


曳山博物館

 曳山博物館には長浜の祭りで使う曳山が4つほどおさめてあって、ボランティアの方の説明を熱心に聞かせてもらいましたえ。
 寅さんの映画でしか見たことがないのんやけど、子供歌舞伎の厳しいお稽古や、曳山の大きさと見事な造りに圧倒されてしもうて。

散策 | comments(28) | trackbacks(0) | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

mico   2008/03/04 4:20 PM
立派な紅梅ですね。
京都弁楽しませて貰いました(笑う
ツアーで行った北国街道を思い出しました。

菊池   2008/03/04 7:27 PM
長浜の町を散策して楽しまれましたね、
ノンビリと散策をしてお腹が空いたら美味しいものを食べて、
天気も良さそうで良かったですね〜。

kazuyoo60   2008/03/04 8:27 PM
かの有名な盆梅展ですね。それにしても、この見事なこと。
このお雛様もびっくりです。考えられてますね。
ガラス細工も有名なんですね。
楽しい文章ですね〜。

ナツ   2008/03/04 9:08 PM
ガラスのお雛様すてきです。
ガラス細工は儚さを感じて大好きです。
「慶雲館」どこかで聴いたことがあるような気がする。行ったことがあるような気もするが最近物忘れがひどくて思い出せないわ。

muca   2008/03/04 9:33 PM
男 micoさん

 花がみんな咲いていて人がいっぱいよりも、開いてる花が少なくても人が少ないほうがよほどいいと思いました。
 みんな、そう思っているかも。(*^_^*)

muca   2008/03/04 9:39 PM
男 菊池さん

 雪が残っていたけれど、風がなくて寒くはなかったです。
 のんびりと梅をみたり、梅見のお客さんを見たりするのもいいですね。o(*^^*)o

muca   2008/03/04 10:04 PM
男 ナツさん

 「ガラス細工は保存が楽やねぇ」と、あの旦さんに言ったら「割れもんやからたいへんとちがうか」と言わはるので、「梅と違うて温度とか湿度とか水やりとか、なんも気にせんでええで」と私は言ったんやけど、無粋やねえ、考えることが。(^<^)
 「慶雲館」に来やはったことあるのとちがいますやろか、ナツさん。
 なんでやろ。ええかげんな言葉遣いが治らんようになってしもうて・・。(・_・;)

niko   2008/03/04 10:21 PM
mucaさん
行かれたのですね〜盆梅展!
最初の梅は見事です。。。見事すぎて言葉がありません(笑)
黒壁美術館のガラス芸術も素晴らしいです
>かわいいでっしゃろ。
と言う作品、ほんとにかわいいですね
なんか足が生えて立ってるように見えます
盛況なご様子がとてもよく感じられました
ご一緒させていただいたみたいでしたよ

muca   2008/03/04 10:48 PM
男 kazuyoo60さん

 最近は盆梅展が多くなりましたね。
 予め幹事さんが買ってくださった「長浜盆梅パスポート」というのを持って見て回りました。
 あれだけ梅が多いと、ついさっと通り過ぎてしまってもったいないですね。
 実は私はガラス作品の方が気に入っているのです。あれだけ手をかけた梅はもはや自然とは言いがたく、どうせなら人が何から何まで手をかけたガラス芸術のほうが思い切りがよいと思いました。天の邪鬼ですね。(^_^;)

muca   2008/03/04 11:01 PM
男 nikoさん

 同行の人たちに「やっぱり、ヨハン・レッツ・ヴィトヴィエはええなぁ」と言うて回りました。舌噛みながら。(=_=)
 鯛の目玉みたいな作品もありました。あの旦さんにそう言うたら「無茶苦茶言わはるなぁ」という顔してました。
 実は私たち一行は昼食時に必ず順番に自己紹介みたいなもんさせられるんです。殆ど知った顔ばかりなのに。おかげでせっかくの千茂登の料理も味もなんにもせえへんのです。次からもうやめとこと思てます。
 相変わらず、言葉遣いが治りまへん。o(*^^*)o

ななみー    2008/03/05 7:17 PM
ガレ、何年か前に京都駅の伊勢丹美術館「えき」に観に行きました。
虫とか花とかがモチーフでキレイでした。
ガラス、割れるの前提だから余計綺麗に思うのかなぁ。
時には現実から離れて綺麗なものを観にいくのっていいですね.。.:*・゚☆.。.:*・゚

muca   2008/03/06 8:08 PM
男 ななみーさん

 ガレの作品が「えき」で展示してあったのですか。
 惜しかったなぁ。見に行けばよかった。
 私も性懲りも無く陶器なぞを作る真似事をしていたのですが、ガレのような華麗な作品と違って、ガレキの小山でした(小山は、山というほど作ってないからであります)。o(*^^*)o

michiko   2008/03/07 8:03 AM
おはようございます(*^^*)
方言でブログっていいですねぇ〜♪
フォトを見ながらのプチ旅行気分で、楽しませてもらいました。
ありがとぅ〜〜!!

梅も見事ですね♪
おかげさまで客も満開。
 咲ききったのばっかし(^_^;)。>でも元気に梅を見にいけるその
元気がうらやましいです。
私はもう枯れて、地面に落ちそうだもんね(ありゃ〜)

にゃん吉   2008/03/07 8:07 AM
mucaさん おはようごzさいます。
写真もみんな素敵だけどmucaさんの京都弁が可愛かったですよ!
ハンサムに感じたのは私だけ?このおじ様も素敵ですね〜
黒壁美術館の最初の写真はにゃんこ?
目が悪いのか白いふさふさのにゃんこが見えるんですよ・・(・へ・?) 

muca   2008/03/07 8:31 AM
男 michikoさん

 つい、手抜きみたいな記事をごまかそうと思って、いい加減な言葉遣いにしてしまいました。
 実は純粋の京都弁は難しくて使いにくいです。女性言葉と男性言葉でも違うと思います(大阪弁も混じってしまいました)。
 同行した女性は私の放言に反応して「咲ききったんも居たけど、散ってしもうたのも居るなぁ」と、言いました。こわ〜。(^○^)
 michikoさんは大丈夫です。大雪の中を車で温泉に向かう元気がありますもん。

muca   2008/03/07 8:38 AM
男 にゃん吉さん

 この旦さん、気が合うのでとても好きなんです。
 そして、この方の奥さんも面白いんです(michikoさんへのお返しのコメで、私の毒舌に反応してくれた女性というのはこの方です)。
 黒壁美術館での最初の作品は犬(コリーのような)だと思います。ガラスの中のふさふさの白い毛がきれいに思えました。o(*^^*)o
 目が心配なので使いすぎないように、あまり見つめないでくださいね。

あけみ蝶   2008/03/07 2:12 PM
こんにちは!
盆梅展をメインに長浜の町を散策にいかはったんどすか!
京都弁と大阪弁混じってややこしおますわ。
長浜はいい所ですね。
黒壁美術館よく写真とれましたね。^^;
1日楽しく過ごされたのですね。


muca   2008/03/07 2:55 PM
男 あけみ蝶さん

 ありがとうございます。
 楽しみました。<(_ _)>

ともちゃん   2008/03/07 4:23 PM
ガレ展、盛岡の美術館でも展示され友人と見に行きました。
当時ガレって誰?って感じでしたが美しすぎて虜になりました。

値段票、堂々と柱に書いてあるあたり良心的と申しましょうか・・・。
時々陰のほうにこっそり書いてあるのは見た事あります。(^^;)

青空に長浜城が映えていますね。

muca   2008/03/07 5:54 PM
男 ともちゃん

 >ガレって誰? に、座布団を2枚進呈。o(*^^*)o
 綺麗ですよね、彼の作品。
 私も値段票を探してみました。5〜6個買って帰ろうかと思いまして。
 残念なことに値段票はなかったです。
 美術館の説明をしてくれたおねーさん(撮影禁止ですと教えてくれた人)に価格を聞くのはためらわれました。(^_^;)
 長浜城、鉄筋コンクリートですが美しかったです。

ビオラ   2008/03/08 2:52 PM
盆梅展は咲ききったお客さんばかりでしたか(;^_^A アセアセ・・・
でも梅は見頃で良かったです。
見事な梅何年ものなのかしら?お高いのでしょうね。
ガラスのお雛様も素敵です。
ガレの作品私も軽く「頂くわ」などと言ってみたいです

風香   2008/03/08 5:45 PM
こんにちは〜
立派な盆梅ですね〜! 
綺麗なものいっぱい見せてもらいました〜
mucaさんの関西弁のガイドがいいですわぁ〜"^_^"
黒壁ガラス館、見てみたい・・・
美術館の方の作品は見ごたえありますね・・・じっくり見てみたいものです。

muca   2008/03/08 6:49 PM
男 ビオラさん

 はい、咲ききった私がつぶさに梅見客を観察して(やっぱり梅だけ見ることにしよ)と思いましたから間違いありません。(*^_^*)
 百才以上の梅がいくらでもありましたが「歳のこと言わんといて」と言ってました。
 慶雲館の外では盆栽の梅が数千円でたくさん売られていましたが、今から育ててもあんなに育たんと思うせいか、あまり売れてないような気がして。(^<^)

muca   2008/03/08 6:53 PM
男 風香さん

 こんにちは〜。o(*^^*)o
 室内に置いてある梅は上手に撮るのが難しいように思いました。人を入れないように撮ろうとすると逆光になってしまうのです。
 黒壁ガラス館は実際はもうすこし色が明るいのです。古くなってきて色が褪せてきたのでしょうか。つい、ガラス館だけを黒めに加工してしまいました。
 ごめんなさい。勝手なことばかりして。(・_・;)

Nica   2008/03/10 12:45 AM
この梅・・・映像からでもほのかにやわらかい香りが漂ってきそうな
春の雰囲気ですね。これは撮る価値満々(?)ですね!
素敵な映像を有難うございました☆

muca   2008/03/10 2:47 PM
男 Nicaさん

 ほんとは梅を外に出してあげて、のびのびさせてあげたいですね。
 お客がみんな帰ったら、梅同士で会話でもするのかなぁ。
 「外でいい空気吸うて運動したいなぁ。さざれ岩はん」
 「ほんまに。こんなとこに居てたら鳥も来てくれへんなぁ。不老はん」
 って、外の梅は運動してるのか。(^_^;)
 さざれ岩は推定350年で、不老は400年となっていますね。

水無月   2008/03/16 4:20 PM
こんにちは。
方言でのご説明、とても新鮮で面白いですね〜。京都弁・・なんですよね??
私も北海道弁で、文章書いてみようかしら。
あ・ら・ま??ガラス芸術品が、何故、デジカメの中に?(笑)

こちらので梅が咲くのは、早くて4月末でしょうか。
ブログのおかげで、一足早く拝見できたり、その逆だったり、面白いですね。


muca   2008/03/16 6:04 PM
男 水無月さん

 手抜きした記事をごまかすのに京都弁を持ってきてしまいました。(^_^;)
 北海道弁というのがあるのですか。それは是非聞きたい(見たい?)です。
 撮影禁止のガラス芸術品がデジカメの中に入る。困ったものです。作品とデジカメのいずれを叱ればいいのか。(えっ? 叱られるのはお前であろう?)(*^ウ^*);
 さきほど散歩していて沈丁花の花が開いているのを見ました。少しですがいい香りがしていました。まだ少し寒いものの、こちらは春がやってきましたね。チューリップ

コメントします












トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK