ジョンエスアームストロング

201705月<< 06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201707月

倭神社と幽玄の間
 前記事ですが、幽玄の間からの回答が私が指摘したことと無関係な内容だったので、面倒ですがもう一度お問い合わせにその旨を書き、記事も見て欲しいと言っておきました。
 記事も見ていただけ、再度の回答で、次回更新予定の8月18日には間に合わないが、その次の更新では改善できるよう検討させていただく、との返事がきました。
 とりあえず、意図が通じてよかったです。
 前記事の最後にイヤミを書いておりましたので、そのまま放っておいては幽玄の間に失礼と思い、ここにご報告させていただきます。(^○^)



倭神社

 上は大津市消費者問題啓発協力員として 出前・出張講座グループの活動を取材した後で拝見した倭神社です。
「しどりじんじゃ」と読み、滋賀里3丁目にあります。
 両側にある楠(くすのき)と欅(ケヤキ)は、大津市保護樹木に指定されているという説明がありました。

本殿
奥には一間社流造りの簡素な本殿のみがあります。

祭神は倭姫(しどりひめ=天智天皇の皇后)とされてはいますが、伝承であり、詳細は不明らしいです。

生息域にて | comments(4) | - | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

s-monma   2015/08/05 10:42 AM
ご無沙汰です。会議には出られません!
さらすな日記は興味深く拝見。
ご趣味とご交友が広く敬服します。
そこで「書道」にはいかがですか?
「毎日書道展」の招待券があります。
ご興味あればご覧下さい。
詳報は『センター』で私の電話番号をお聞きになり、ご連絡下さい。

門馬 三郎

muca   2015/08/06 12:12 PM
s-monmaさん

 ありがとうございます。

 作品展は友人と知人が出展される場合は鑑賞するようにしています。
 多忙でもあり、写真を撮ることが難しい作品はつい敬遠してしまうのです。
 せっかくご案内をいただきましたのに、申し訳ありません。

 なお、コメント以外はメールをお願いできましたらありがたいです。


koto   2015/08/07 12:43 PM
囲碁は全く解りませんのでコメントできません(-_-;)

「しどりじんじゃ」全く読めませんにゃ…
けやきとくすのきは見事ですねぇ。歴史を感じます。

muca   2015/08/07 12:52 PM
kotoさん

 はい、私も「倭」が読めず、恥ずかしながら撮ってきた写真を原寸大で眺め、IMEパッドで漢字を探してからググってみました。(^_^;)
 昔は道のそばに大きな樹木はいくらでもあったのでしょうが、次々に取り去られ、神社の木だけは残されてきたのでしょうね。


コメントします












植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK