ジョンエスアームストロング

201703月<< 04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201705月

近江神宮の献笛
 元日は、近江神宮の本殿で、蝶美会(都山流)の方が献笛をされるのを拝見しました。
 楼門までの石段の様子です。ご覧になると近江神宮はそれほど賑わっているように見えないかも知れないのですが、これは参拝する人たちが参道から拝殿まで、順序良く並んでいるのです。
 特に呼びかけなどが行われているのではないようですが、このマナーの良さには感心しました。

近江神宮楼門

 内拝殿は、拍子抜けがするほど、特に華美な飾り付けがされているわけではありませんでした。
 しかしながら12月27日に、草月流による献花の活け込みがされたとあります。
 見にくくて申し訳ないのですが、右は湖上の青海波と雲に浮かぶ日の出を、左はオリンピックの聖火台をイメージされているそうです。

内拝殿

 蝶美会の7名が祈祷を受けた後、内拝殿の前に整列して演奏しています。
 右端が友人のOです。

蝶美会の演奏

記念写真
献笛が終わった後、社務所の中の一室だったでしょうか、歓談後の記念写真です。
皆さんはようやく落ち着いてお酒をいただけたとのことで、とてもリラックスされています。


天智天皇の歌の碑 百人一首の一番の天智天皇の歌の碑が、社務所の前にあります。
近江神宮では1月9日に、競技かるたの名人位とクイーン位の決定戦が行われます。
百人一首の中で私が最初に覚えた歌は、前大僧正慈円の「おほけなくうき世の民におほふかな わがたつ杣に墨染の袖」でした。
意味はさっぱり知らなかった(知ろうともしなかった)けれど、下の句の調子が好きでした。




周りの音を少し拾ってしまいましたが、都山流本曲「頌和楽」の演奏をお聴きくださいね。
生息域にて | comments(4) | - | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

koonokokoro   2016/01/05 10:22 AM
おお! やっとお正月気分を味わうことができました(^_^.)
私めもその昔、元旦は演奏依頼に忙しかったものです。
が、婆ぁになったせいか、それとも不景気か、はたまたBGMで間に合わせ
現代人向けのイベント優先か… 最近は全く依頼がございませんにゃ。
自分からは動きたくないもんだしにゃ。
今の時期、道路はツルツル 歩くのも運転も命がけですからにゃ。

ちなみに、歌碑は箏曲「八重衣」でも唄われておりますです。

muca   2016/01/05 8:51 PM
kotonokokoroさん

 私も元日からはるばる初詣に行って、お正月気分になれたのは久しぶりです。(^○^)

 kotonokokoroさんも、元旦に演奏をしておられたのですか。
 お箏はお正月らしさのあふれた音色ですものね。
 あ、演奏される方が美人で、上手だからですね。(^_^;)

 天智天皇の歌が筝曲になっているのですか。
 kotonokokoroさんの演奏で聴きたいですにゃ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 それにしても書き間違えそうになるハンドルネームですにゃ o(`ω´ )o


マサ   2016/01/07 7:45 AM
由緒ある神宮での尺八の演奏ですか。近くだったらお参りしたかったです。
Oさんも頑張っていますね。

muca   2016/01/07 2:08 PM
マサさん

 近江神宮はお参りしやすいです。
 これまでは演奏会でしか拝見していなかった蝶美会の皆さんは、実際に会ってお話しすると、気さくな方ばかりで、印象がまったく違いました。


コメントします












植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK