ジョンエスアームストロング

201810月<< 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201812月

曲水の宴・2017春


正木先生と井上先生が楽しそうに平安の庭に入ってきました。



そろそろ始めていいかしらね。















 午後2時、歌人、朗詠者、楽人が席に着き、歌題拝見という頃になって、予報どおりではありましたが、一時的な雷雨となりました。
 歌人に慌ただしく傘がさしかけられ、楽人たちもこのように風流な傘をさしております。


 カメラを濡らすわけにはいかず、友人と私は退散しましたが、ほどなくして平安の庭での式は中止となり、以降はこの神楽殿で催されております。


正木社中のNさんに、途中までで残念だったねと言うと、「予定していた曲は全て弾けたからいいの」と、あっけらかんとしておりました。


観衆の隙間から、白拍子の舞を撮り



歌人の一人を撮りました。



社務所で記念写真を撮ってます


藤は昨年ほどは咲いていませんでしたが、つつじは元気でした。

生息域にて | comments(4) | - | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

マサ   2017/05/02 8:02 PM
お疲れ様でした。この催しは雨が多いですね。
以前、私は行った時も雨でした。

muca   2017/05/02 9:49 PM
マサさん
 傘をさせるなら粘りたかったのですが、最前列ではそういうわけにもいかずで。
 歌人や楽人、それに童子には気の毒でしたが、その風景は何度も撮っているので、ま、いいかと。(*^^)v

kotonokokoro   2017/05/07 6:52 AM
雅 雅 雅 !
十二単を一度着てみたいものでした、若い頃に。 今だと恐ろしいから(^_^;)

muca   2017/05/07 8:49 PM
kotonokokoroさん

 暑くて十二単なんて着てらんないでありますでおじゃるよ(どこの言葉や)。
 水干姿が精一杯でありまするけんでおじゃる(言葉、統一せえよ)。

コメントします












植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK