ジョンエスアームストロング

201709月<< 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>201711月

貴船山・鞍馬山から下鴨神社へ
 7月29日は、貴船山から鞍馬山へハイキングをしました。
 叡山電車・二ノ瀬駅から登山口の富士神社を経て夜泣峠へ。
夜泣き峠
 夜泣峠に9時16分着。27分ほどの上りですが、風がなくてとても蒸し暑いです。
 次のような説明がありました。
 幼少の惟喬親王を乳母が抱いて二ノ瀬へ出る時、ここで一夜を明かしたが、親王が夜泣きをしたため、この峠にあった地蔵に願をかけたとたんに泣き止んだという。
 このことから夜泣峠といわれるようになったといいます。
桜花散らばちらなむ散らずとてふるさと人の来ても見なくに
(惟喬親王の歌のひとつを、古今集から)

 10時50分に、昼食の予定をしていた貴船山の山頂に着きましたが、早すぎるので昼食は滝谷峠付近でとることにします。
 貴船山の山頂は699mで三角点のみがあり、もう少し先の実際の山頂(716m)には、ケルンのみがありました。
貴船神社・奥宮
上は、貴船神社の奥宮です(12時45分頃に到着)。
貴船の川床料理
涼しい川床を眺めながら、鞍馬山へ向かいます。
鞍馬寺本殿の前で
 鞍馬寺本殿金堂の前のパワースポットは、記念写真スポットでもあります。
 私たち6人も、ここで記念写真を撮りました。

 叡山電車で鞍馬駅から出町柳まで乗り、下鴨神社へやってきました(16時10分頃)。
 みたらし祭り(7月22日〜30日)で賑わっております。
下鴨神社
 本殿・大炊殿は、特別公開中とありました。
 みたらし祭り特別祈祷というのも行われているようです。
本殿・大炊殿
 さて、「足つけ神事」を体験いたします(と言ってますが、私だけは撮影のために外に残りました)。
足つけ神事の入り口
「足つけ神事」とは一般的な別名で、実際は「みたらし祭」のことらしいのですが、下鴨神社の御手洗池に足を浸して無病息災を願うものです。
足つけ神事
 御手洗池は地下から湧き出る冷水で、後で聞いてみると、水はとても冷たかったと言ってました。
 それにしても、とても楽しそうな神事です。
登山・ハイク | comments(2) | - | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

kotonokokoro   2017/07/31 1:05 PM
しばらく更新がないので心配しておりましたがお元気そうで(^.^)
撮影のために「足つけ」しなかったのは残念、転ばぬ先の杖だったのでは?(^_-)

muca   2017/07/31 8:45 PM
kotonokokoroさん

 貴船山はそんなに高くない山ですが、日頃の鍛錬が足りなくて疲れました。
 足つけ神事をさぼるのがお見通しだったようで、貴船山からの下りで転びそうになりました。(^^;)

コメントします












植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK