ジョンエスアームストロング

201811月<< 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>201901月

曲水の宴(城南宮・2017秋)
 知人の二人(左からFとM)は、初めての参加です。
 若輩者は左端に座るだろうと読んで、私も(木が邪魔にならない)左の方で待ちました。
 前方の大きな木と、一度座ってしまえば身動きできない席、マナーの悪い観客が前方の席で立って撮り始めるので、撮影位置を決めるのに結構悩むのです。

神職の方のマイクを使った説明が始まらない間に録音をしたのですが、私の後ろに座った三人組の婦人の騒々しい声が途切れず、使いものになりません。

白拍子の女性は背が高かったので、舞が映えましたね

しっかりと歌っているのが素晴らしいと思いました。


かなり遠くから撮っていたのですが、Fには私がいたのが分かっていたそうで、素振りに油断がありません。
 (^_-)-☆


白拍子の舞を眺める正木先生(右)。

 この歌人は、童(わらわ)が短冊を集め終わった後も、残った短冊に何か書いていました。
 この日の歌題は「伏見」でしたが、自由に別の歌をいくつか書いておられたように見受けました。
記念写真を撮りました

MとFは、男性の皆さんの記念撮影にもしっかり入ります。

芸術観賞 | comments(2) | - | pookmark
コメント表示欄の下方にコメントの入力欄があります

マサ   2017/11/07 6:02 AM
今回は所用で伺えませんでした。大御所お二方が参加されなかったけど世代交代でしょうかねぇ。

muca   2017/11/07 6:54 PM
マサさん
 両大師範は、今後は参加されるのだと思います。
 時々は交替しないと、新人が出られませんものね。(^<^)

コメントします












植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK