ジョンエスアームストロング

201810月<< 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201812月

植物園は今が旬

 蝶も蜂も元気ですねぇ。(*^^)v
フヨウと蝶

こちらもフヨウです
フヨウと蜂



キョウチクトウ グロッバ ホワイトダイアモンド グロッバ(ウィニティー) シトシディウム(アロハイワナガ) デンドロビウム(グロメラツム)
デンドロビウム(ジャクリーン トーマス) デンドロビウム(フォーミディブル) 不明(ランの園芸種) 不明(ランの園芸種) 不明



 散水機が遠くを狙っていたので
散水機

アメリカ白蓮を撮っていたら
アメリカ白蓮

散水機
 ゲリラ降雨機だったみたいで、
 結構濡れました。(^_^;)


ナツズイセン ミツバハマゴウ クサキョウチクトウ フヨウ サンライズ テキサスダウン(水連)
クサキョウチクトウ(リンストルーム) テウクリウム スコロドニア ルリマツリモドキ センノウ 一天四海

針葉樹は心理的に涼しいです
針葉樹
みなさま、植物園は今が旬ですよ(ほんとか)
植物 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark
涼しい温室もある植物園

 トンネルを抜けるとそこも南国だった。(^_^;)
通路

温度計
 この温度計の見方が分らない。
 湿度も見られるのかなぁ。


 小さな滝が小さな池へ、涼しげな水の流れが。
 涼しげなのは音だけ。(^_-)-☆
池と滝

イランイランの木
 イラン人の方がカタカナ読めないといいけど。
 フィリピンの言語である、irang-irang からとった名前で、意味は「花の中の花」だそうです。



コルトプレクツス スペキオスス ヘリコニア・ロストラタ キサントソマ カラテア・タエニオサ カラテア(ルフィバルバ)
コバノアリアケカズラ フウリンブッソウゲ イクソラ(サマーフレッシュ) イクソラ(バンコク・ビューティー) バナナ



 なぜかこの部屋だけ涼しかったです。
 ここでゆっくりしたかったけれど、少しお花が地味だったような。
涼しい部屋

サボテン類の部屋
 サボテンがいっぱいのこの部屋に入ると、なぜか喉の渇きが激しくなったので、サボテンの写真は1枚だけ。


パイプカズラ ブルボフィルム(レフラクティリングエ) ロドデンドロン ディモルフォルキス ローウィ 金鯱
ハイモ オオインコアナナス グズマニア エピデンドルム(キリアレ) ネオベンサミア グラキリス
 このあと、いつの間にか温室から出ていました。
植物 | - | - | pookmark
とても静かな植物園の続き
 途中でのっぴきならない用事でお出かけ中のイモムシ君に出会いました。
イモムシ君
 え?
 何ゆえ、大事な用事であることが分かるのか。 ですか?

   あっちんちんのコンクリートの上をですよ。誰が好き好んで出歩きますか。



トロロアオイ ネコノヒゲ ランタナ ジニア プロフュージョン カンナ
ニンファエア コロラタ パラグァイ オニバス Bougainvillea peruviana(Papillon) Bougainvillea(Timma) ブーゲンビリア


パキスタキス コツキネタ ラフレシア ゲンペイクサギ トチジンジャー オオオニバス
ツンベルギア ウオゲリアナ ナガバオオウチワ アンスリウム マグニフィクム ヘリコニア(ゴールデントーチ) ヘリコニア属の一種
 今頃の季節、温室というのは外よりも湿度が高めという程度でしょうか。
植物 | - | - | pookmark
いざ、植物園へ
 暑い〜っと思ったら負けです。
 暑さを迎え撃ちにするほどの気力が必要です。
 で、何を思ったか、はせ参じました。植物園へ。
温室
 60才以上であることを証明できるものを見せたら、無料で入れてくれるのです。
 美しい花を愛でる余力の乏しい方から入場料をいただくのはサギに等しい、かなにかで。

 ゲートに立っていた若い女性が、いささか熱心に私の免許証をチェックするので、不思議に思いました。
 私を見ただけで(こいつは相当古びている)と思わないほうが不思議。
 「結構です」(にこっ)で、合点がいきました。
 熱中症で倒れた場合の引き取り先がはっきりしているかどうかだけが気になっているみたいです。
マンモスの木(命名者:むか)
 この木の名前が分らなかったので、マンモスの木と名づけました。


 以下は、ほぼ徘徊した順序どおりに掲載しています。

ヒマワリ(ムーランルージュ) アメリカフヨウ アメリカフヨウ マリアカラス トランペッター
ヘンリーフォンダ ラジオタイムズ ホワイトクイーン ウララ ヒマワリ(サンリッチ・フレッシュ・オレンジ)


クレロデンドルム ヒマワリ(サンリッチ・レモン) フリージア ラベンダードリーム ビンゴ メディランド
マイナー フューアー ゴールデン ボーダー ムーン スプライト モンタナ クロタラリア
 次回は温室へ向かいます。
植物 | - | - | pookmark
京都府立植物園
大芝生地
 暖かい4月4日、京都府立植物園でお花見をしました。
 以下「写真を撮るのが好きである」という友人にカメラを任せ、散策をしてまいりました。


チューリップ
 「北山門」から入ったところがワイルドガーデン。
 チューリップは、ごく普通のこういう姿が私は好きです。



なぜかしら、こういう方たちがいました
ウェデングドレス姿も
友人は、こういう方たちを撮るの好きみたいです


桜
 桜が多かったので、平凡な撮り方はしていられません。
 撮り方に工夫の後が見られます。


ヒュウガミズキらしい
 トサミズキの近縁種ではなかったかと思います。
 ミズキ科ではなく、マンサク科なのですね。

スノーフレーク
 スノーフレークですね。
 スノードロップと似ていて混乱します。


枝垂れ桜
 枝垂桜でしょうね。


桜かな
 これも友人の感性ですね。


大杯スイセン
 大杯スイセン
 スイセンは種類が多かったです。
 私は「スイセンはどこでも見かけるけれど、こんなに種類があるんだね」と申し述べ、友人の反応がいまいちだったので「みんな撮っておきたいね」とそれとなく(結構はっきり)言ったのですが、ようやくこれだけ撮ってくれました。
 名札が入ったねと指摘すると「名前忘れるから入れて撮った」と答えてくれました。


重力に素直な柳の枝に春の柔らかい光を感じました
柳
「カメラを傾けるのね」と申し述べると 「写真部に居たので」と答えました

なんの木だろ
 たくましい木ですね。

ハナモモまたはモモ
 ハナモモだったかモモだったか忘れました。
 ツバキもありましたが、椿で綺麗な花びらをしたのは見つからなかったです。

ブルビネラ・フロリバンダ
 ブルビネラ・フロリバンダと言います。
 地上から素直に生えている草も斜めに撮るのですね。


ミツバツツジ
 ミツバツツジ。
 鮮やかな紫が印象的でした。
 当然、斜めに撮られております。

モモ
モモです。
こういうの、好きです。

帰りの地下鉄(北山駅から京都駅まで乗りました)は満員になりました。

この植物園は(←追記しました)60才以上は無料なので嬉しかったですが、日曜日は遠慮すべきでしたかしら。


JUGEMテーマ:畑・ガーデニング
植物 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark
京都府立植物園
 パソコンを使う作業が続いて疲れてしまいましたので、花なぞ眺めて癒されなくてはと思い、突然植物園に向かいました。
 本来、私のブログは「花を愛でる」という基本方針だったはずでした(出かける直前に思いついたこと)。花

 地下鉄の北大路駅で下車して植物園の近くまで行きましたら「京都府立陶板名画の庭」というのも開園されていたので、陶磁器にたずさわる身であったことも思い出し、誘われるようにフラフラと入りました。
 実際は、植物園との共通券が250円で売られていたのでそれを買いました。
 別々だと植物園は200円、豆板醤(じゃなかった陶板画)は100円です。

 予想して当然だったのですが、陶板画は名画を陶板に焼いただけのものでした(オリジナルな絵かと期待していたのです)。
 照りつけるおてんきの下、癒されてるのか、炒られているのか分からないまま、巨大な陶板画を眺めました。

 ミケランジェロの作品を陶板にしたものの前で、中東方面からの観光客らしい男たち10名ほどの記念写真を撮っていました。
 作品を背景にしていなかったのは「最後の審判」の被告のようにしか見えない彼らへの配慮だと思いました(おいおい国際問題になるぞ)。

ミケランジェロ作「最後の審判」

 この陶板画をバラバラにしてジグソーパズルにしたらどうなるかなどと、あらぬ妄想が浮かびましたので早々に退散した私は、植物園に向かいました。

 最初の4つはアジサイです。

ヒメガクアジサイ テラーホワイト ミス・ヘプバーン モスリーン リアトリス
ウツボグサ クサキョウチクトウ メリンダ ダブルキューティー クレマチス・ジャックマニー

 アジサイの周りは中高年写真教室のような一行の三脚がバリケードのようになっていたので殆ど接近できませんでした。
 後で戻ってきたときは先生らしいのがベンチで講釈をたれていたので撮れました。

 では私の大好きなバラ園に急ぎますねジョギング(暑くて暑くて・・)。

バラ園

マジョレット グレアム トマス ゴールデン ウイングス ダイナスティ ネクター
フリュイテ ゴールド シャッツ パーフューム デライト チェリッシュ コモドーレ

 近寄れる限り、全てのバラの香りを確かめました。
 例えばオーデコロンなどを選ぶ場合(はるか昔のこと)、嗅ぎ分けられるのはせいぜい4種ぐらいまでで、後はもう何がなんだか分からなくなるのですが、何故かバラの香りはそれぞれ違って楽しかったです。
 けれども、車椅子でこられたグループがおられ、後ろめたい気持ちで香りを楽しんだのでした(車椅子を使っておられる方は花に接近できません)。

アビゲイル カリンカ プリンセス ドゥー モナコ サンフレア 桜霞
ゴールデン ボーダー ケアフリー ワンダー つるサラバンド 花籠 セブンティーン

 バラ園はとても素敵な香りでしたが、(覚えているのに限れば)パーフューム・デライトの甘い香りが印象的でした。
 けれども決して甘い香りが好きなわけではありません。
植物 | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark
シーシェルに逢いました

 この前は見るのを忘れてきたシーシェルを見てきました。
 筒状になっている花びらがかわいくて、その形も花によって微妙に違う。かわいい


 前回万博公園に行ったのは10月17日だったから、もうコスモスの勢いはなくなったかなと心配していたのです。
 今日も万博公園西口から入ったのですが、コスモスフェスタの幟が少ないような感じがして焦りました。コスモスが少なくなったから、正直に幟も減らしたのかもと思って。


 今日は茨木の近くに用事があるのでぐずぐずしてはいられません。花の丘に入ったら真っ直ぐ右手に向かいました。ジョギング
 そして心残りだったシーシェルに逢ったのです。嬉しかったなぁ。嬉しい

植物 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK