ジョンエスアームストロング

201711月<< 12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>201801月

料理(バーニャカウダ、シーフードと冬野菜ホワイトスープ、他)
カレー風味トマトライス  1月の料理教室も波乱含みだった。
 世話役をしてくれているU君は牛乳系がダメ。
 街を歩いていて牛乳の香りがしてくると、どんな用事があっても引き返すというぐらい(と、私が思っているだけ)。

 それなのに今日作成する3品の内の2つは牛乳がたっぷり。
 ちなみに、U君以外はとても世話役なんか引き受けられる状況ではない。

 貴重な世話役の意向などお構いなしの食材を使ったテーマ選び。
 料理部の崩壊は近い。

 時間がかかるものからやらなきゃならないから、私はカレー風味トマトライスに着手する。
 タマネギと鶏をみじん切り、しめじをばらしてバターで炒めはじめる。
 鶏肉はぐにゅぐにゅして切りにくい。
 京都は錦小路で購入してきた「有次」の包丁をもってしても切りにくい。
 もっとも、いかに有次の銘品と言えども購入以来一度も研いだことなし。

 包丁で何かを切ってるときにはそれに集中することにしている。

 タマネギをみじん切りにしている時に先生は、炒め方、カレー粉の他になぜクミンパウダーも加えるのかという理由、トマトジュースの配合比などを私に向かって喋り続けていたらしい。
 ややあって「分かりました?」と聞かれたので、素直に「聞いてない」と答える。
 先生は「そうですか」と言う。
 なんという心温まるやりとり、かみ合う会話。
 料理部の崩壊は近い。

バーニャカウダの準備
 トマトライスの準備ができて炊飯器にセットして、そのあとでイカもさばいたので、さあサボろと思うのだが、6人来る筈の生徒がまだ2人しか来てない。
 U君が遅いのは分かる。万一来なくても無理はない。

 仕方なく「次は何やろかな〜」と言ってみたら、牛乳で柔らかく煮たニンニクを裏ごしするという仕事が入った。

 実はニンニクは好きではない。
 我が家ではニンニクを使う料理はほとんどなく、市販の冷凍餃子かキムチ鍋のときぐらい。
 家族の中で一人だけニンニクを食べて帰ることになるというのはマナー違反だと思う。
 柔らかく煮られているはずのニンニクが固くて、裏ごしは結構時間がかかった。
 意外に繊維が多いのか、なかなか裏に漉されていかない。
(こいつめ、こいつめ)と思いながら漉したのがいけなかったのかも知れない。

シーフードと冬野菜ホワイトスープ バーニャカウダ カレー風味トマトライス 金柑コンフィチュール  3人目の生徒がやってきて、バーニャカウダ(北イタリア料理)、シーフードと冬野菜ホワイトスープ、カレー風味トマトライスが出来上がった。

 デザートは「金柑コンフィチュール」だが、時間がかかるのでこれは先生が作ってきた。

 ニンニクを漉したものにアンチョビとオリーブオイルを加えて温めたソース状のものを野菜スティックにつけて食べるのだが、私はスティックだけをポリポリ食べた。

 皆で食べていたらU君もやってきて、遅れたバツみたいに牛乳入りの2品を食べた(後で見たらホワイトスープの液状部分は残っていた)。

料理 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark
京都御所障壁画展
チケット  21日に観賞してきたのですが少し遅れてしもうて。

 「最も多く部屋数を持つ御常御殿と、それに隣接する御学問所の障壁画」ということです。
 簡単に言わしてもらいますと襖(ふすま)がぎょうさん展示してありました。
 天皇が日常を過ごされたとこでっせ、という説明を見てこれは忙しい毎日どしたんやなぁと思いました。
 学問も、昨日はあの部屋でやったけど、今日はこっちの部屋も使わんならんし言うて、いっぱいされたに違いおへん。

 中は撮影できしまへん。
 そやしチケットだけですねん。

 チケットの絵は桐竹鳳凰図(きりたけほうおうず)の一部ですね。
 描かれたんは狩野派の中でも新しい試みをされたお方らしいです。
 他は円山四条派の方たちが多いようでした。

 賀茂祭群参図(かもさいぐんさんず)は人がぎょうさん描かれてますけど、みな頭が大きいように思いました。
 賀茂祭は、現在では「葵祭」と言われてます。

 構図としての遠近法というのんはなかったようで、屋根の絵はどこまで奥のほうにいっても並行四辺形で、石段なんか奥の方が大きかった。
 そやけど平面的な作風でもていねいに描いてあって。
 障壁画は大きいさかいに下絵図という巻物があって、その絵もみな細こうていねいに描いてありました。

蜃気楼で  ついでといってはなんですけど、食事は宮川筋六丁目にある蜃気楼というおばんざいやさんでしました。
 安うて、あっさりしてます。



オブジェ
 竹の編まれたんが天井に使われていたりして、落ち着いたいいお店でした。
 日曜のお昼やったせいか、えろうすいてました。




アイスとほうじ茶  その後で花見小路の近くの「京きなな」というお店できな粉を使うたアイスクリームをよばれました。

 ゆで卵みたいですやろ。
 そやけど卵は一切使うてしまへんのんで、アレルギーのお方でもかましまへん。
 ほうじ茶がおいしゅうて。

 ほなごめんやすえ。


地図

芸術観賞 | comments(19) | trackbacks(1) | pookmark
カ〜ラ〜ス〜 なぜ遊ぶ ♪
カラス  杉田昭栄さんの「カラスなぜ遊ぶ」が面白かったので、本がよく売れますようにとの願いを込めて少しご紹介したり私の感じたことなどをお話したいと思います。

 「なぜ」という点に迫っているかと思って読んだのですが、そこまでは解き明かしてはいなかったようです。

 単に、七つの子の歌詞をもじったのだと思います。
 やはり「カラスの勝手でしょ」から奥には踏み込めないようで。

大車輪でござ〜い
 電線で大車輪をするカラスがいるようですが、見たいなぁと思います。
 逆上がりなどやってくれたら子供たちは参考にするのではないでしょうか。
 カラス同士で追いかけっこや、棒切れを取り合ったりということもよく見かけるそうですね。

 私の知人で、鳥が怖いと言う男がおります。
 そのくせ、怖いからカラスを(思い切り手を叩いたりして)追い払うのです。
 常人には理解できない行動です。
 カラスはこのようなことをする人をよく覚えていて仕返しをするそうです。

 カラスの記憶力ですが、貯食(=余った食べ物を蓄える)したものをよく覚えていて、日持ちがするものと傷みやすいものを区別して蓄えるそうです。

 脳の発達の度合は「脳化指数」などで判断するらしいのですが、はしょって言いますと、カラス(正確にはハシブトガラスかハシボソガラス)は、他の鳥に比べるとやはり大脳の比率が大きいのですね。
 スズメやカモの倍ぐらいあって、ハトやニワトリに比べたら3.5〜4倍ぐらいです。
 あ、「ハシ」というのは嘴のことです。

 脳以外の能力についてお話しますね。

「視覚」
 目が大きく、人間以上に色が識別できます(どの鳥でも同じらしい)。
 ゴミ袋が半透明であれば、楽に中身を見破るそうです。
 視力も遠近両用らしいです(いいなぁ)。
 視野は人間が200度ぐらいなのに対して、300度近くあるそうです。
 撮ろうとして後ろから近づいても逃げられてしまう理由がよく分かりました。

「臭覚」
 これは劣るそうです。
 腐ったものでもおかまいなしに食べられて便利かもしれません。
 だから、キライな匂いで追い払うことは望めないですね。

「味覚」
 トリはあまり味を感じる能力はないそうですが、ニワトリに比べたら味覚はよいはずということです。
滑り台だも〜ん
「聴覚」
 マガモやニワトリ、トビに比べてカラスの鼓膜は薄くて広いので、音に敏感で低い音域もカバーするそうです。
 カラスは人や動物の声をマネするそうですが、これはすなわち聞き分ける能力があるのですね。

 他にも、相当な概念思考ができそうだとか面白いことが分かりました。
 すべり台で遊ぶのもいるそうで、これらを描いてからアニメで遊んでみました。
コラム | comments(24) | trackbacks(0) | pookmark
お火焚き
お火焚き

 今日は近くの神社で「お火焚き」のお手伝いをしました。
 お札や絵馬、お守りなどを新しくしたので、古くなったものを燃やします。

 燃やす前の準備としてお守りのカバーや袋類など、塩化ビニル系のものをより分けます。
 これらを燃やすと意図しない副生物としてダイオキシンが発生するからです。

 ダイオキシンってご存知ですよね。
 簡単に言うと、ジベンゾパラダイオキシンの誘導体であるポリ塩化ジベンゾパラジオキシンのことですね。

 燃やし始めてからも、三々五々に人がやってきてお札などを「お願いします」といって預けていきます。
 係りのおばあさんは、まとめて準備していた時は丁寧により分けていたのですが、後から持ってこられたものはいけない物もポイポイ投げ込みました。

 これはもうすでに意図しない副生物とは言えません。
 私は正義感が強うございますので、もう少しでこのおばあさんを羽交い絞めにするところでございました。

 火の面倒を見るのは年長者の方にお任せして、私は主に「暖をとる」というお役目を担当しました。

 拙い絵をごらんください。
 「煙は人が居るところを正確に察知する」というマーフィーの法則をご存知ですね。

 えっ? 「立ち上がって避けるとかいうのは考えてみたのか」ですか。

 あ、その手がありましたね。

 お芋がアルミホイルに包まれて置いてあるでしょ。
 これを焚き火の周りの熱い灰に埋めるように置いて焼き、後でいただきました。

 年長者の方たちの昔のお正月の思い出などを聞きながらの、おだやかな行事でございました。

生息域にて | comments(24) | trackbacks(0) | pookmark
瞑想ルームのカギ
瞑想ルームの鍵

 前回の記事に、DIYのお店でパワードライバー、鍵穴のクスリ、ミシン油を購入してまいりましたと書いておりました。
 DIYはつまり「だめだと、いわれてるのに、やってしまった」の略で、素人のくせに自分の能力もわきまえず、家具などを破損させたり失敗作をつくることですね。

 記事を書いたときは気にもしなかったのですが、後でよく考えましたら、これは石川五右衛門の末裔さまご愛用アイテムのようにも思えます。
 そこで少々慌ててこれを書いております。

 年末に近くなって、わたしどもの瞑想ルームのカギが不調になりました。
 瞑想ルームというのは、巷間では気取ってトイレと呼ばれることもある個室のことです。
 レバーが硬くなり、ドアを締め切ってしまうと、時々開かなくなるようになってしまいました。

 利用中はその部屋の上部の小窓から灯りが見えるので、そのようなときにはいくら私でも間違って開けたりしません。
 家の中なので、利用中はドアを締め切ってしまわないようにしてねと言って、しばらく様子を見ていたのですが、とうとう「様子を見ていてどうなるのか」との叱責を受けました。

 自分でも直せるような気がしたのですが、こういう場面において何度も痛い目にあっています。
 鍵屋を探して電話をし、ようやく鍵屋がやってきました。
 鍵屋の主人ではなくそこの従業員でした。

 予めカギのメーカー名を言っておいたのですが、同じカギのタイプの部品がないらしく、分解してちょこちょこっと掃除をして、スプレーに入った液体をプシュッと吹きかけ、また組み立てて終わりです。
 わたしはどこへも行かず作業のすべてを観察しました。
 別に黒曜石でできた貯水タンクがなくなりはしないかという心配をしたのではありません。

 私は、これでまた調子が悪くなったりしないのか、このタイプの新しいカギは無いのかと聞くと「もう生産していないタイプですが、これでもう大丈夫です」と言いました。
 終わった後、彼は携帯電話で主人と話をし(30分ほどかかったとか、部品は元のままのを使ったとか)、会話が請求金額の部分になると外へ出て話しておりました。

 戻ってくると僅か7千円ぽっちを請求してきたので、払いました。

 さて、この5日ぐらいになると予想したとおりに、カギの調子が悪くなりかけたようなので、上に書いた3点を買いに行ったわけです。
 カギ屋の従業員がすることをしっかり見ていたのは、自分でもできることを確かめていたのです。

 カギを分解してみると、心棒がちゃんと中央になっていないことが分かりました。
 丁寧にミシン油で内部を磨き、鍵穴のクスリをプシュッと吹いて組み立てました。

 今ではカギ屋が作業して帰った直後よりも軽快にカギが動きます。

 簡単な絵なので、パソコンアートアートの復活です。
 外から見たときに、内部に人が入っていない印の青い色空室が見えるでしょ。
 どうぞ中で瞑想にふけってくださいね。


雑談 | comments(18) | trackbacks(0) | pookmark
たまには文字だけを
 図書館に行って借りていた本を返却し、その足でDIY(ドゥー・イット・ユアセルフ)のお店で買い物をしてきました。
 店はアヤハディオというのですが、購入したのは、パワードライバー、鍵穴のクスリ、ミシン油です。
 この3点で何をしょうとしたのかは次の機会にお話ししとうございます。

 さて図書館に戻り、本を8冊借りました。
 この図書館では一度に10冊まで借りられて、3週間以内に返すルールなのです。

 実は先ほど返却した中にはまだ読み終わっていないのが1冊と、もう少し眺めたい本が1冊あったのです。
 けれど返却期限が明日だったので、一旦返して借りなおそうとしたのです。
 ほんとうは窓口でもう一回続けて借りたいと言えば済むことなのです(他の人がその本を借りたいという予約が入っていればだめですが)。
 だけど(期限内に読めもしないのにたくさん借りたのね。計画性がないのね。アホなのね)と思われはしないかと。

 返してしまってから同じ本をもう一度借りようとするのはリスクを伴います。

 その1 なかなかもとの棚に戻してくれないことがある。

 いくらウロウロしていても戻してくれなくて、あきらめて帰ったことがあります。

 その2 誰かが借りてしまうことがある。

 幸い、私の好みの本は凡人の嗜好に合わないらしくて、このケースはなかったのでございますのよ。ほほほ。

 つまり、その1のケースを懸念したので、一旦返却してから他の用事を済ませたのです。

 わずかな経験則を無駄にもせず、何という深謀遠慮か。

 さて、今回私が借りてさしあげた本のジャンルは次のようになりました。

 読みかけのリーガルスリラー作家のもの..1冊
 まだ眺めたかったスケッチの参考書....1冊
 バードウォッチャーのための観察記....1冊
 遊び好きのカラスについて考察したもの..1冊
 家庭用医学を分かりやすく書いたもの・・・1冊
 和歌文学についての基礎知識もの.....1冊
 碁敵に勝つ秘訣を書いたもの.......1冊
 フォトショップ・エレメンツのツボ....1冊

 なんという秩序、これでもかというほどの一貫性。

 一瞥してサイコロの裏の目が分かるように、私という人物の全てが明白ですね。

雑談 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark
百人一首のこと
競技中

 朝目覚めたときはまだ日が差していたのですが、今は強風が吹き出し、積雪になりました。
 明日は成人式なので道が少し心配です。娘はちゃんと行けるかしらと。

   娘はようやく成人になりましたが、私は年齢差のバランスがとれていなくて、もっとはるかに歳をとっていますのでご安心ください(?)。

 ブログに書くことが何もないので、皆様に百人一首のことでもお聞きしたいと思います。

 子供の頃、覚え始める歌は人それぞれだと思います。
 私はこの歌だったと思います。

 「おほけなく 浮世の民におほふかな わがたつそまに 墨染めの袖」

 前大僧正慈円の作です。
 最初に覚えた歌がもひとつはっきりしないのは、次々と歌を覚えることに夢中になり、家族でやるかるたとりに勝とうとしたためでございます。

 でもこの歌はなんとなく好きでした。
 意味はなんにも分からなかったけれども、下の句のリズムがいいので。
 家族の誰にもあまり人気がないのをしっかり覚えるのがミソです。
 オハコ(十八番)として予め奪取枚数に見込むことができます。

 私の弟は次ぎの1枚だけを覚えました。
 一点主義です。

 「きりぎりす 鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む」

 ませていたのではなく、最初につまんだ1枚がこれだったのだと思います。

 百枚まかれた札のうち、弟はこの1枚の位置だけを素早く記憶し、これだけは誰にも取らせませんでした。

 皆様が最初に覚えた百人一首、または好きなのでもなんでもいいのでご披露していただけないかなぁと思います。
 できればその理由などを添えていただいて。


コラム | comments(17) | trackbacks(0) | pookmark
びわ湖畔にて
琵琶湖と比良山

 今日のウォーキングは少しジョギングなぞも混ぜようとしたのですが、お腹におさめていた昼のお餅(カマボコ、ネギ、卵とのすまし汁)が「もう少し静かにしておくれでないかい」というので、殆ど歩いたみたいなもんです。
 左が比叡山で右方が比良山系です。冠雪がわずかですね。

 小鴨たちがおだやかな琵琶湖にのんびりと浮かんでいます。
 カイツブリも頭がひょうきんな感じで可愛いのですが、見当たらないようでした。この辺りまで、歩いて15分ほどで来られるでしょうか。


生息域にて | comments(25) | trackbacks(0) | pookmark
近江神宮の初詣をしました
 元旦は近くの神社に初詣をしたのですが、今日の近江神宮の様子です。
 片道約6500歩をさっさと歩いて50分、軽快ジョギングに往復しました。
 最初の画像(左端)は楼門をしたから見上げたところです。雨はやんでいますが、流石に滋賀県は人が少ないです。左から2枚目は内側から楼門を見ました。3枚目は外拝殿で、右端は内拝殿です。この中からご祈祷の大きな声が聞こえました。

6日に競技かるたの日本一(名人とクイーン)がこの近江神宮で決まります。
散策 | comments(11) | trackbacks(0) | pookmark
新年だぁ〜
 皆様、さらすな日記から謹んで新年のご挨拶を申しあげます。
 昨年の秋にブログを始めてしまった新参者ですのに、思いもかけない多くのご訪問をいただきました。
 私のほうは、ヒマをいいことに他所様の楽しいブログに不穏な足跡を残してまいりました。
 本年も、たとえヒイラギ、ニンニク、イワシの頭で防御されようと、押しかける覚悟でございますっ。。(突然の異様な決意表明)
ご挨拶
 一見豪華なおせちが出来上がっているようでございますが、これは真っ赤な偽者(借り物)です。
 で、それらの横に少し出来上がっているのがおりますが、これも真っ赤な偽物(こんなに可愛いわけがない)です。

見本
 さて、わたくしめがお出しした年賀状の画像がこれです(文章はブログ用の特別バージョン)。

 またもや私がとても若く、かわゆく描かれておるようでございますが、絵の技術が拙いゆえの(ほんのささいな)誤りですのでお許し下さい。

 もしも受け取った方がこれを見られて(来たのとは少し違うみたいだけどっ!?)と思われた場合、それは少しずつ改良されていく途上にあったハズレが行ったに過ぎません。
 (絶交されるかもしれん)


雑談 | comments(18) | trackbacks(0) | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK