ジョンエスアームストロング

201705月<< 06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>201707月

水石名品展
 京都は左京区百万遍の知恩寺で開かれた「第47回水石名品展」に、先輩のYさんが出展されたのを見に行きました。
 「水石」とは、早い話が姿のいい石のことですが、難しい言葉で書かれたものを引用しますと『一塊の自然石を対象に、観者の詩的想像力を働かせて、さまざまな芸術的感興を味わおうとするもので、換言すれば、その形態、紋様、色彩などから、山水の景趣、あるいは自然界のさまざまな現象などを感じとって楽しむ独特の趣味』ということらしいです。
日本愛石会出品物抜粋
 展覧会場のお寺は大本山百萬遍知恩寺と言い、号を「長徳山功徳院」と言うそうです(号ってよく知りませんが)。
 かなり有名なお寺なのに大きすぎて目に入らず、その周りを歩いて(人にまで聞くという恥をかき)ようやく辿りつきました。

 Yさんは受付をされているということでしたが見当たらず、まずいことに受付に近づいた私はつい署名なぞをしてしまいました。
 それも新しいページが開かれたばかりの先頭に。
 これは一番避けたかったことですのに。
 せめて筆ペンならよかったのですが、ちゃちなサインペンだったので余計に下手に書きました。
 筆で書くのはちょびっとですが慣れていたのです(しばらく前までお習字をしておりました。お義理かも知れませんが名前だけは生徒の全員が朱の○をいただいておりましたので)。

 石は広いお寺の座敷を2つ使って展示されていました。

 難しい顔をして順に眺めていきましたが、どのように眺めたら(はたまた1つにどのぐらい時間をかけたら)石にはうるさい人物という風情がかもし出せるのかが分かりません。

 座敷には出品者らしいのが、それこそ石のようにゴロゴロと座っていて石談義をしているので、どの石も一瞥しただけで通り過ぎては申し訳ないと思い、ゆっくりと眺めていきました。

 一つずつ見ていくとこれを選んだ出品者の思い入れが伝わってくるようなのがあります。
 カッパに見えるもの、ゾウの風格があるもの、十二単のお姫様に見えるもの(紫式部のつもりらしい説明がつけられていました)、フクロウのイメージのものなど、何かに似ているなと思いながら見ていくと結構楽しいです。

 Yさんの名前が添えられた出品があったので、特にしっかり眺めます。
 高い山と少し低い山が繋がったような姿の濃い色の石で、高いほうの山には白い霞のような模様が二つ縦に入っています。
 これで大丈夫。後日Yさんに会ったときにしっかりコメントができます。

 Yさんに会えなかったのが残念だなと思いながら、ついでだから他の座敷も拝見し、受付のほうへ帰っていくとYさんが廊下の長椅子の一つに座って誰かと話してました。
 ここには灰皿があったからですね。喫煙

 Yさんの話が面白いので、かなり長いこと話し込んでしまいました。
 シルクロードの旅の話も面白く、ペットボトルの水だけを飲んでいても下痢はするし、砂漠中がトイレで、街にあるひどい施設よりよほど綺麗で誰にも見られないなど。
 私は正直に石の良さが分からないと言いましたが、それでもあの部屋に入ってすぐ右にあった石はいいと思いましたと言うと「そうあれはいい イケテル 。やはり誰が見てもいいものはいいんだよ」と言いました。

 Yさんは化学屋です。
 少々せっかちの性格なので(と言い)石を磨くのに塩酸を使って失敗した(威勢良く泡が出て楽だったが、化学変化でせっかくの色合いが台無しになった)とか、サンドペーパーの目の粗いのを使って、きめが荒れてしまったとか。

 話しているうちに私よりも少し若いと思われる人もそばに来て、外国で石を探していたときに石を理解するフランス人がいたのに感心したとか、せっかく選んだ石を持ち帰ってはいけないと思って殆どをホテルに置いたままにしてきたが、空港ではなにも咎められず惜しいことをしたとか言いました。
 この人(Sさん)は石を愛でる人にはめずらしく痩せ型のおとなしい人でした(石好きは体格のいい人が多いと思いました。石は重くて石談義の声も大きい)。

 受付でもらった出品目録には「銘」のつけられたのがあって、本当は眼識のある有名な方につけてもらうらしいのですが、今日のはだいたいが自分でつけたみたいだねとYさんが言います。

 私はつい動物などに見立てたりしていたのですが、その通りの「銘」が書かれているのがかなりあります。

 目録でSさんは2つ出品していることが分かったので(銘は添えられてなかった)、もしかしたらどれだったか言い当てられるかもと思い「何かに似てると思った石が多いですね。例えばトトロのようなのがありましたよね」と言い始めると、Sさんは目を輝かせて「それは私の石です!」と言いました。
 そして「帰ってから、私と同じようにトトロだと思ってくれた人がいたと話せます」と喜んでいました。

百万遍知恩寺
 1時間半ぐらいYさんSさんと話したあと、お寺の中を拝見し、周りの風景も眺めてきました。
 木の実が庭にたくさん落ちていて秋の深まりの早さを感じます。

芸術観賞 | comments(27) | trackbacks(0) | pookmark
オールドノリタケ展
細見美術館内部
 京都は東山二条の近くに細見美術館があり、そこのオールドノリタケ展へ参りました。
 オールドノリタケとは、1880年代の末から第二次世界大戦前にかけて、名古屋の日本陶器(現在のノリタケ)で制作されて欧米に輸出された洋風陶磁器を言うそうです。

 友人から招待券をいただいたので、未熟者とはいえ陶磁器の制作に関わる者として、ぜひ先人の芸術に触れておきたいと思いました。

 招待券をいただいてなかったら家で寝てましたが。

 どこにも撮影禁止という注意書きがなかったので多目に撮ったのですが、ほとんどピンボケでございました。
 ガラス越し、極安コンパクトデジカメ、ストロボ発光省略という好条件でしたのに。

 修正をしてどうにかなったのが僅か2枚でございました。

  レカミエ夫人図皿
 これは「レカミエ夫人図皿(金盛り)」との表題がありました。
「図」という表現にやや引けましたけれども。

説明書1:フランス人がイメージする美人の代表格

 ジュリエット・レカミエの美しさを、フランス人の見方ではと限定しているでしょ。
 何か思うところがあるのですね。

説明書2:ナポレオンと同時期にパリの社交界で名を馳せ、詩人のシャトーブリアン、プロイセン王子アウグスト、歴史学者アンベールといった人々と恋に落ちたと伝えます

「人々と」という表現は、見境なく恋に落ちまくったと言わんばかりでしょ。
 何か思うところがあるのですね。

 ポートレートという技法で、肖像画などの同じモチーフを大量に絵付けするのに、ディカールという転写紙(ヨーロッパから輸入)を水で塗らして器の表面に貼り付けてから剥がすと、人物画の絵柄が残ると書いてありました。

ヨットと風車図壷
 これは複数の壷などと並んでいた中のひとつで、名前を書き漏らしました。
 ヨットと風車が見えますが、そんなことにとらわれず「ヨットと風車図壷」としておきます(とらわれてる)。

説明書:綺麗な青色が出る酸化コバルトを顔料に用いて、その上に金彩や金点盛りを施すと上品で華麗な仕上がりとなります

 上品で華麗な仕上がりには酸化コバルトと金(きん)が効くのですね。



ペンたてとぐい飲み
 唐突ですが、これが前回篠山で私が作り上げた作品の一部です。
 陶芸クラブの小屋裏にあるゴミ箱から救出してきました。

 左には絵筆が刺してありますが、これが重要なアクセントです。
 これがないと、何を作るつもりだったのかを忘れそうになるのです。


琵琶湖疎水

 細見美術館の近くです。琵琶湖疎水の向こうに見えるのは慶流橋、その左に平安神宮があります。
 次回の篠山陶芸クラブで、今回勉強した成果を反映せねばなりません。
 金は2キロも用意すれば足りるかしら。
 オールドノリタケの印象が強すぎて作品が酷似してしまわないかと心配です。

芸術観賞 | comments(35) | trackbacks(0) | pookmark
京都御所障壁画展
チケット  21日に観賞してきたのですが少し遅れてしもうて。

 「最も多く部屋数を持つ御常御殿と、それに隣接する御学問所の障壁画」ということです。
 簡単に言わしてもらいますと襖(ふすま)がぎょうさん展示してありました。
 天皇が日常を過ごされたとこでっせ、という説明を見てこれは忙しい毎日どしたんやなぁと思いました。
 学問も、昨日はあの部屋でやったけど、今日はこっちの部屋も使わんならんし言うて、いっぱいされたに違いおへん。

 中は撮影できしまへん。
 そやしチケットだけですねん。

 チケットの絵は桐竹鳳凰図(きりたけほうおうず)の一部ですね。
 描かれたんは狩野派の中でも新しい試みをされたお方らしいです。
 他は円山四条派の方たちが多いようでした。

 賀茂祭群参図(かもさいぐんさんず)は人がぎょうさん描かれてますけど、みな頭が大きいように思いました。
 賀茂祭は、現在では「葵祭」と言われてます。

 構図としての遠近法というのんはなかったようで、屋根の絵はどこまで奥のほうにいっても並行四辺形で、石段なんか奥の方が大きかった。
 そやけど平面的な作風でもていねいに描いてあって。
 障壁画は大きいさかいに下絵図という巻物があって、その絵もみな細こうていねいに描いてありました。

蜃気楼で  ついでといってはなんですけど、食事は宮川筋六丁目にある蜃気楼というおばんざいやさんでしました。
 安うて、あっさりしてます。



オブジェ
 竹の編まれたんが天井に使われていたりして、落ち着いたいいお店でした。
 日曜のお昼やったせいか、えろうすいてました。




アイスとほうじ茶  その後で花見小路の近くの「京きなな」というお店できな粉を使うたアイスクリームをよばれました。

 ゆで卵みたいですやろ。
 そやけど卵は一切使うてしまへんのんで、アレルギーのお方でもかましまへん。
 ほうじ茶がおいしゅうて。

 ほなごめんやすえ。


地図

芸術観賞 | comments(19) | trackbacks(1) | pookmark
生きもの彫刻展
梅小路公園の北側入口
 今年も案内をいただいたので、京都駅のそばの梅小路公園へ生きもの彫刻展を見に行きました。先輩の小室さんの作品を拝見しに。
 梅小路公園は、京都駅とJR嵯峨野線の丹波口駅との中間ぐらいにあります。

入り口の標識  今日は丹波口から歩くことにして、京都駅で嵯峨野線に乗り換えました。
 京都駅は紅葉の嵯峨野へ向かう人がいっぱい。
 車内では3人連れの女の子が、別の友達の手作りらしい「京都・大阪○○日記」をわいわい言いながら眺めていました。中は切り貼りした写真と、手書きのコメントがいっぱい。美容室

緑の館  公園の北側から真っ直ぐ行くと「緑の館」という建物があって、そこを左へ入ると会場です。
 2階を右へ行くと「朱雀の庭・いのちの森」という名前の公園内を散策できるのです(200円要ります)。
 2年前までは受付でチケットを売っていたのですが去年から券売機に変わってしまいました。

準備がもう少しで終わる  今日は彫刻展の初日だから、作品を準備する時間が必要で、10時から開場ということになっています(以降は26日の最終日まで開場は9時です)。
 だけど準備は10時には終わらないので、それを見込んでゆっくり行ったつもりですが、やはりもう少し余裕があればと思いますね。

 これが小室さんの今年の作品です。
 ほんとは写真撮影は禁止なのですが、小室さんに(主催「アトリエ蟻」)の先生の許可をとっていただきました。

 オオコノハズクです。
 フクロウ目フクロウ科(分かりやすい嬉しい
 全身灰褐色(雌雄同色)で複雑な斑があり、後首は灰褐色の斑があって、新月のように見えるらしいです。
 胸には黒褐色の縦斑があり、目はオレンジ色ということですね。

 イカルはスズメ目アトリ科で、体色は上面下面ともに灰色で、尾羽は黒色光沢を帯びるそう。
 嘴は黄色くて太く、キーキーキヨコキーなどと鳴き、雌雄ともさえずるそうです(オスも発言していいのねパクッ)。

リス  リスです。
 前にある木の実は栃の実です。こういうものを作品に添えるのもセンスが要りますね。。
 木の葉も昨年に採ったものを押し花のようにしておいたものです。もみじ

アカネズミ  アカネズミたちです。
 これらを生徒に見立て、先生のオオコノハズクが後ろにいると小室さんが説明してくれました。
 撮影禁止なので(許可してもらったとはいえ)目立ってはいけないので、フラッシュをたかなかったので、どの写真も露出がもうひとつでしょう(ううん、技術力の問題よ)。

Mさん  Mさんが来られました。小室さんやTさん(小室さんの友人)の作品を観賞されています。
 その後でWさん(先日の坂本のハイキングの幹事さん)も来られました。
 後で、このKMTW各氏は中国語の勉強(この頃でも通じるのかな。この言い回し)をする予定らしい。

 もいちど見てくれます?オオコノハズク
 アトリエ蟻を主宰されてる先生は褒めてました。
 わたしもそばにいて先生の言われることを聞いてました。
 台にする木は大きなものを使って、その中央に配したら更に映えるとか、下地の色をこうするとこうなるとか(これでは分かりませんねたらーっ)。
 なるほどと思えることが多くて、いろいろ参考になりました。
芸術観賞 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark
植物園で
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK